• Home
  • 王様のためになる話
  • エコキュートって本当に湯切れしないの?湯切れしないようにするにはどうしたら良いの?
王様のためになる話

エコキュートって本当に湯切れしないの?湯切れしないようにするにはどうしたら良いの?

2019/10/11

こんにちは!エコの大臣です!

今日はエコキュートを選ぶ際に気を付けて頂きたいポイントでもある「湯切れ」についての特集です。

どうして湯切れしてしまうのか、また湯切れしないようにするにはどうしたら良いのかということを中心にお伝えしていきます!

 

エコキュートはお湯をタンクにためるタイプの給湯器

 

エコキュートは深夜の安い電気を利用して、夜の間に沸かしたお湯を一日中使いまわしていくタイプの給湯器です。

ですので、タンクに貯まっているお湯の量には限りがあります。

昔、電気温水器ををお使いになられたことのあるお客様から「エコキュートにすると光熱費は安くなるって聞くけど、湯切れしたりするんじゃないの?」とのお声をよく頂戴します。

実際、電気温水器をお使いになられていた当時お湯が足りなくなって水しか出なくなってしまい、お湯が沸くまでの間しばらく待たないといけなくて不便な思いをされて、ガス給湯器や灯油ボイラーなどに切り替えられた方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はどんな状況でエコキュートが湯切れしてしまうのかとその対処方法を見ていきたいと思います。

 

どうして湯切れが起こってしまうの?

まず、湯切れがどうして起こるのかというところから見ていきましょう。

 

エコキュートはお湯を貯めておく貯湯ユニットと空気を圧縮してそのときに発生した熱で水を温めてお湯にするヒートポンプユニットの2つに分かれています。

貯湯ユニットは作ったお湯を溜めておくタンクです。

エアコンの室外機に似た外観のヒートポンプユニットが屋外の空気から熱を集めて、その熱をお湯のわき上げに活用します。

上の画像にあるように、貯湯ユニットの中の上側にはお湯が、下側には水が入っていて、タンクの中は常に水でいっぱいの状態に保たれています。お湯の温度は80度~90度くらいに保たれてます。

この上の方に溜まっているお湯を配管の中で水道水と混ぜ、設定温度まで下げたものをお風呂のお湯張りやシャワーに使っていくことになります。

この赤いお湯の部分がなくなって、タンクの中が全部水になった状態がいわゆる『湯切れ』の状態です。タンクに溜めた容量以上のお湯を使ってしまうと、シャワーの途中でお湯が出なくなってしまいます。

ただ、エコキュートには今までの電気温水器と違う優れたポイントがあります!

エコキュートはご家庭で日々どれくらいのお湯の量が必要なのかを自動で学習する機能が付いています。

曜日ごとに必要なお湯の量を夜の間につくってくれています。それなのにどうして湯切れが起こってしまうのでしょうか?いくつかの理由とその対処法をお伝えさせていただきますね!

 

原因その1:タンクの大きさが合っていない

 

エコキュートを設置する際には、ご家族の人数に合わせてタンクの大きさを決めます。

ですので、初めに設置するタンクの容量がご家族のご利用状況に合っていないとなれば、残念ですが、毎日の癒しの時間であるはずのお風呂タイムが、一転して湯切れとの激しいバトルに明け暮れることになってしまいます・・・。仮に毎月の光熱費がお安くなったとしてもさすがにこれでは困りますよね。

ですので、エコキュートをご検討される際にはまず、ご家庭でのお湯のご利用状況をもとにたっぷりお湯を使っても湯切れしてしまわないように、ゆとりをもった大きさのタンクをお選びいただければと思います。

例えばエコの王様でも最も人気のある三菱のエコキュートSシリーズであれば

550L:主に5~7人用

460L:主に4~5人用

370L:主に3~4人用

と3種類の中からご家庭のご利用状況に合わせてお選びいただければと思います。

もちろん、ご家族の人数は同じでも一日に入るお風呂の回数やシャワーの回数など個人によっても変わってきますので、以下にご使用量の目安の表もご参考にしていただければと思います。

 

もし、どの大きさのエコキュートが良いのかよくわからないなというときにはお気軽にエコの王様にお問い合わせ下さい!

お客様のお話をもとにサイズはもちろん、お客様に最適なエコキュートを専門のスタッフがお伝えさせて頂きます!

出典:三菱電機「我が家にぴったりのエコキュートは?」より

 

原因その2:急にお湯の使用量が変わる

 

エコキュートには自動でその日お湯を使う量を作ってくれる機能がついていることはお伝えしました。

ですので、普段使いする分にはお湯の量が足りなくなるということはあまりないはずです。それでもお湯が足りなくなってしまうことがあるのは、どういうケースなのでしょうか?

例えば、急な来客があって普段よりもお風呂を使う人数が多くなってしまったときはどうでしょう。

エコキュートは普段と同じ量のお湯を夜中につくっているわけですから、お風呂を使う人数が4人から5人になった場合は、急に増えた1人分のお湯に関しては用意が出来ていません。

その場合は、もしかすると使っている途中でお湯が足りなくなってしまうことも…。

これはエコキュートの構造上、どうしても起こってしまうことなのです。誰だって急な来客や急に想定外の仕事が入ってしまうと対処に困ってしまうのと同じことです。エコキュートにだって苦手なことはやっぱりあります。

じゃあ、対処方法はないの?っていうと、実はございます!

それは、事前に来客があることがわかっているときなどには、普段エコキュートがお湯をつくる量よりもお湯を多めに沸かす設定にしておけば良いのです。エコキュートもそれに合わせて多めにお湯をつくってくれます。

急にお客様が来られて、多くお湯を使うことになっても安心して使っていただけます。

少し面倒かもしれませんが、途中でお湯がなくなって不便な思いをするよりは断然良いですよね!

 

エコキュートの湯切れまとめ

せっかく光熱費が安くなっても、お湯切れしてしまって毎日の入浴がストレスになってしまっては元も子もないですよね・・・。

急な来客などエコキュートに不利な点はもちろんありますが、適切な大きさのタンクを選んでお使いいただければ普段はほとんど湯切れすることなくお使いいただける方が多いです。

エコキュートの特性を理解して快適にお過ごしいただければ幸いです。

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • 蓄電池の導入で元は取れる?取れない?少しでもオトクに使う方法

    こんにちは!エコの大臣です。今までいろいろと蓄電池に関する記事をご紹介してきました。商品の機能やメーカー毎の様々な特徴や施工にあたっての注意点など、重要なポイントを何点かお伝えさせて頂きました。ですが……

    2020/10/17

  • エコの王様の紹介動画が出来ました!

    この度、エコの王様の紹介動画が出来ました。20秒ほどの短い動画ですので、ぜひご覧頂ければ幸いです。 皆様のおかげで、工事実績も一万件を突破しました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。これか……

    2020/10/05

  • 蓄電池は長洲産業がおすすめな理由とは?製品の特長について調査!

    こんにちは!エコの大臣です!今日は蓄電池のメーカー別特集の記事になります。今回ご紹介するのは、太陽光発電の国内メーカーとしても有名な長州産業の蓄電池です!長州産業は雨漏り保証など太陽光発電に関しては独……

    2020/10/12

  • 蓄電池の買い時っていつがベスト?最適な購入のタイミングを伝授!

    こんにちは!エコの大臣です!最近続々と蓄電池を導入されているご家庭様も増えてきていますが、「もっと安くなるのでは?」と値下がりを待っておられる方も中にはいらっしゃるのでは?そういう金額的な面も含めて蓄……

    2020/10/09

  • 蓄電池の最適な大きさとは?設置場所を考慮した重さやサイズを選ぼう

    こんにちは!エコの大臣です!ここ数年、家庭用の蓄電池の販売台数も右肩上がりに増加しておりまして、「もし、設置するならこの蓄電池が良いんじゃないかな?」と設置する蓄電池の目星を付けておられる方も数多くい……

    2020/10/01

  • 蓄電池の用途は無限大!種類と用途をどこよりも詳しく解説中

    こんにちは!エコの大臣です!2019年問題を機に注目を集めている蓄電池ですが、一口に蓄電池と言ってもその種類や仕組みなどは様々でいろいろな用途に使われています。今回はそんな蓄電池の種類や注目されている……

    2020/09/28

  • 家庭用蓄電池って何?導入時のメリットやデメリットを公開

    こんにちは!エコの大臣です!最近、大規模な自然災害の影響で長期間にわたって深刻な被害が毎年のように日本各地で出ています。特に、台風や地震の影響で起こる停電が長期化することも多く、その間不便な生活を強い……

    2020/09/15

  • オール電化住宅はなぜ人気があるの?その理由について徹底解説してみた

    多くの一般家庭では昔からガス設備が利用されてきましたが、現在、オール電化住宅に切り替えている家庭が多くなってきています。その背景には、電気の安全性が証明されており、エコでもあるので普及していっているか……

    2020/09/16

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ