「エコの王様」大人気CM放映中!!

王様のためになる話

エコキュートで電気代が下がりにくい家庭

2018/12/12

エコキュートには不向きな家庭もある

夜間の安い電気代を使ってお湯を沸かすことで経済的に使用できるエコキュートですが

もちろん全てのご家庭が安く使えるというわけではありません。今まではエコキュートの良さをご紹介させて頂きましたが

今回はエコキュートのメリットが出ずらいお家のタイプとその理由についてご解説させて頂きたいと思います。

寒冷地域はお得になりにくい

先ほどエコキュートの効率についてご案内した際に少し触れましたが、ヒートポンプの効率は冬場は下がります。その差はお住まいの地域の年間の気温推移にもよりますが、基本的に寒冷地域では効率が圧倒的に悪くなるため、設置を見送る例が多いです

日中ほとんど家で過ごし電気も使う家庭

年配の親御さんや小さいお子さんがいらっしゃって日中はほとんど家で過ごされる方に関しては

エコキュートに切り替えた場合ほとんどの方が夜間の電気代が安く日中の電気代が高いという時間帯別電灯を契約されます。

そのため、毎日日中は家で過ごし電気をたくさん使うというご家庭はメリットが出ずらいかもしれません。

ただし家にはいるが比較的日中は使わないように過ごされている方や季節によっては冷暖房が必要ない。という方はそれでも給湯部分をエコキュートで賄うことにより年間平均の光熱費が安くなる場合もありますので、一度専門のシュミレーションを受けられることをお勧めします。

 

世帯人数が安定しない

家族が増えたり、またはお子様の独立や、ご両親との同居など世帯人数が変わることは節目で訪れるかたが多いですよね。

給湯器の使用状況は世帯人数によって大きく変わってきます。特に、共働きのご夫婦などでお子様がお生まれになった場合、幼児が一人増えるだけであっても生活スタイルの変化などにより使うお湯の量が1.5倍程度まで上がるような場合もあります。

タンクの量を購入時に決めなければいけないという問題がありますが、将来のことを考え大きめの容量を購入することにより、世帯人数が少ないうちは家で使用するお湯の量をエコキュートが計測し、余分にお湯を作らないという省エネなメーカーもありますので導入をご検討される方はお子様の独立に伴いや今後のライフプランに合わせたメーカーを選ぶことが大切です。

Avatar photo
Latest posts by 監修:中尾信一 (see all)

    電話で
    お見積もり

    メールで
    お見積もり

    LINEで
    お見積もり

    ページのトップへ