王様のためになる話

エコキュートの非常時の役割 災害時にはどれくらいの水が使用出来るの?

2019/05/02

災害の多い近年 エコキュートが注目されているその理由とは

台風、地震、津波、ここ数十年の間に大災害と言われる天災が数度起こり、その度に災害への意識が強まっていったのではないでしょうか。被災地では食料や飲料水の確保はもちろん、それ以上に生活用水の確保に困難したという意見が多かったようです。

というのも、水の給水は早期に開始されたが、生活用水を賄うだけの運搬に苦労したと言います。

今回は、エコキュートの災害時の役割についてお話したいと思います。

災害時における電気の復旧はいずれも1週間以内

近年起こった大地震でのライフラインの復旧にかかった日数となります。いずれも電気に関しては1週間以内に復旧したという結果が出ており、蓄電池や電気自動車を導入していたご家庭は非常用の電源として停電時も電気を使用することが出来ました。

 

4人家族の3日分の生活用水を日頃から備蓄できる

仮に給水車から水を供給してもらったものの、年配の方や小さいお子様がいらっしゃる方は生活用水を運搬するのは大変な労力です。例えば370Lのエコキュートを導入しているご家庭は4人家族でおよそ3日分の生活用水を日頃から貯水できているということになります。単純計算で20Lのポリタンクを18個分ということです。これらのことを考えても、エコキュートは貯水タンクにお湯を貯める仕組みになりますので、日頃から非常時に備えて貯水が叶っているのです。

 

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ