王様のためになる話

エコキュートの非常時の役割 災害時にはどれくらいの水が使用出来るの?

2019/05/02

災害の多い近年 エコキュートが注目されているその理由とは

台風、地震、津波、ここ数十年の間に大災害と言われる天災が数度起こり、その度に災害への意識が強まっていったのではないでしょうか。被災地では食料や飲料水の確保はもちろん、それ以上に生活用水の確保に困難したという意見が多かったようです。

というのも、水の給水は早期に開始されたが、生活用水を賄うだけの運搬に苦労したと言います。

今回は、エコキュートの災害時の役割についてお話したいと思います。

災害時における電気の復旧はいずれも1週間以内

近年起こった大地震でのライフラインの復旧にかかった日数となります。いずれも電気に関しては1週間以内に復旧したという結果が出ており、蓄電池や電気自動車を導入していたご家庭は非常用の電源として停電時も電気を使用することが出来ました。

 

4人家族の3日分の生活用水を日頃から備蓄できる

仮に給水車から水を供給してもらったものの、年配の方や小さいお子様がいらっしゃる方は生活用水を運搬するのは大変な労力です。例えば370Lのエコキュートを導入しているご家庭は4人家族でおよそ3日分の生活用水を日頃から貯水できているということになります。単純計算で20Lのポリタンクを18個分ということです。これらのことを考えても、エコキュートは貯水タンクにお湯を貯める仕組みになりますので、日頃から非常時に備えて貯水が叶っているのです。

 

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化住宅はなぜ人気があるの?その理由について徹底解説してみた

    多くの一般家庭では昔からガス設備が利用されてきましたが、現在、オール電化住宅に切り替えている家庭が多くなってきています。その背景には、電気の安全性が証明されており、エコでもあるので普及していっているか……

    2020/08/31

  • 家庭用蓄電池って何?導入時のメリットやデメリットを公開

    こんにちは!エコの大臣です!最近、大規模な自然災害の影響で長期間にわたって深刻な被害が毎年のように日本各地で出ています。特に、台風や地震の影響で起こる停電が長期化することも多く、その間不便な生活を強い……

    2020/09/15

  • 蓄電池でエアコンも使えるって本当?停電時でも大活躍できる理由とは

    こんにちは!エコの大臣です!今年の夏も非常に暑いですね。残暑もかなり厳しいということで、まだまだ暑い時期が続くことと思います。熱中症対策などに十分気を付けたいところです。この時期は特に天候も荒れやすく……

    2020/09/06

  • 突然の停電でパニック!?停電時に冷蔵庫が使えるのかどうか

    こんにちは!エコの大臣です!現代社会において「電気のない生活と言うのは考えられない!?」という人も多いのではないでしょうか。特に夏~秋にかけて台風や激しい夕立などで雷が落ちた影響で停電してしまうことも……

    2020/09/01

  • 蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真実に迫る

    こんにちは!エコの大臣です!蓄電池を設置したいなと思っても何を手がかりに選んだら良いのかがイマイチピンと来ませんよね。まずは、有名なメーカーでみんなが設置しているような人気のある蓄電池から検討していく……

    2020/08/30

  • 蓄電池は深夜電力で節電効果がバツグンって本当?その理由とは

    こんにちは!エコの大臣です!最近になって「蓄電池を設置しないとこれから損する!?」ということで、蓄電池の検討を進めているご家庭様も数多くいらっしゃると思います。蓄電池があれば停電しても電気が使えるとい……

    2020/08/28

  • 絶対に失敗しない蓄電池の選びかたってあるの?初心者向けに伝授!

    こんにちは!エコの大臣です!太陽光発電や蓄電池などといった住宅設備は、導入するのに100万円以上かかるのが通常ですので、みなさん慎重に検討を重ねていかれることと思います。特に蓄電池の場合はパンフレット……

    2020/08/23

  • 蓄電池の性能はメーカーによって違うって本当?比較するべきポイントとは

    こんにちは!エコの大臣です!2019年11月に初めて売電の固定買取期間の満了を迎えるお客様(卒FIT)を迎える方が現れ始めました。今後も毎年数万件のペースで売電価格が下がってくる太陽光ユーザーがいらっ……

    2020/08/18

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ