王様のためになる話

オール電化で災害時に停電してしまったときの対処法について

2020/10/26

こんにちは!エコの大臣です。

ここ数年、地球温暖化の影響からか、大型台風が日本に上陸しることが多かったりと自然災害による大規模停電が発生することが多くなってきています。

お家全体のエネルギー源を電気に頼っているオール電化のご家庭様にとっては、万が一の停電のときの備えというのは非常に重要になってきます。

そこで、今回はオール電化をご利用中に停電してしまったときの対処法についてご紹介していきます!

 

突然の災害で停電に!最初にまずやるべきこと

始めに言っておきますが、停電が起きないのが一番良いです!

それでも、停電が起こる可能性を0%にすることは不可能なので、万が一の停電が起こったときの注意点をお伝えしていきます。

「備えあれば憂いなし!」ですからね!

 

コンセントから電源を抜いておく

アイロンやドライヤー、電気の暖房器具などは停電から復旧したときに電源が入りっぱなしになっていると火事になる危険性があります。停電になったときにはご自宅でご利用されている電化製品のコンセントを抜いておきましょう。

また、停電の間に避難したりするなどの理由で家を空ける際には、お家の分電盤のブレーカーを落としておきましょう。(停電が復旧した後は、ブレーカーを入れてからコンセントをさすようにして下さい。)

 

ライフラインのスマホを長持ちするように設定しておく

被災したときに避難場所や被害の状況などの情報収集をするためのツールとして、警察や消防、救急や被災地に居るご家族との通信手段としてもスマートフォンは非常に役に立ちます。

停電時にはスマホの充電をすることが出来ないので、少しでも長く電池がもつように工夫することも重要になってきます。

 

画面を暗くする

スマホの画面の明るさの設定を落とすだけでも電池の節約になります。特に最近のスマホは液晶が大きく、電池の消費量も大きいので、画面が点きっ放しになっているだけでもかなり電池を消耗します。

 

省電力モードにする

最近のスマホには省電力モードというのが付いています。一部アプリなどは動作が遅くなるので、普段はあまり使わないという方もいらっしゃるかと思います。

非常時にスマホで遊んだりすることもないかと思いますので、被害が長期化しそうであればこちらのモードに切り替えておくのが良いでしょう。

ちなみに、山で遭難した際にも、携帯電話を機内モードにするのもかなり有効らしいです。

 

冷蔵庫の開閉をしない

停電になったときに使えなくなって困った電化製品ナンバーワンの冷蔵庫!

中の物を慌てて取り出そうとしたりして、頻繁に冷蔵庫のドアを開け閉めすると中の冷気が逃げてしまい冷蔵庫内の温度上昇が早くなってしまいます。

停電してから2~3時間は中の物は大丈夫だと言われています。すぐに復旧しそうな場合には冷蔵庫を閉めたままにしておきましょう。

停電したときの冷蔵庫の扱い方についての詳しい記事はこちら⇒突然の停電でパニック!?停電時に冷蔵庫が使えるのかどうか

 

災害時に役立つエコキュートを活用する

停電時にはお湯を沸かす給湯器や電気のポットなども使うことが出来なくなります。

ちなみにガスの給湯器は、熱源はガスですが、排熱用のファンなどは電気で動きますので、停電時には使えません。リモコンも動かないのですぐにお気づきになられるとは思いますが…。

ただ、貯湯タンク式のエコキュートや電気温水器であれば、普段からタンクの中には何百リットルもの水やお湯がたまっています。

災害時にもすでにタンクの中にたまっている水やお湯をそのまま使うことが出来るところがエコキュートの強みですね!

災害時のエコキュートの活用方法をご紹介!

 

断水時にトイレの排水にも利用可能

災害時に起こるのは停電だけではありません。地震時には断水が発生することもあります。

断水時にはトイレの水も流せなくなってしまいますが、エコキュートのタンクに貯まっている水はトイレの排水用に使うことも可能です

普通のご家庭であれば、普段から数百リットルのお湯を常に保管しておくのは難しいですよね。ですので、トイレの排水にまで使える量の水はないと思いますが、エコキュートが設置してあればそれも可能になります。

 

寒い時期であればエコキュートのお湯を利用する

停電が起こったとしても、その時にタンクの中に貯まっているお湯はそのままの状態でお使い頂くことが出来ます。停電しても丸1日ほどは高温のお湯がまだ残っている状態ですので、お湯が必要な場面で、タンクの中のお湯をご利用いただけます。

停電していても断水していなければ、蛇口からお湯を出して入浴することも可能です。停電の場合は照明が付かないので、お風呂場で滑ったりしないように気を付けて下さい。

 

災害時にあれば安心なもの

停電に弱い弱いと言われるオール電化住宅ですが、きちんと備えをしておけば、ガスと電気を併用している他の住宅と比べて劣っているということはありません。

特にオール電化の住宅で災害時にあれば安心なものをいくつかご紹介致します。もし、ご自宅にないものがあれば、用意しておくことをおススメ致します。

 

モバイルバッテリー

停電してしまうと、携帯電話やスマートフォンの充電も出来なくなってしまいます。モバイルバッテリーがあれば、停電してしまって充電がなくなってしまっても安心ですよね。

容量の大きいものを1台用意するも良し、小型のものを複数台用意しておけば同時にいくつもの端末を利用することが出来ます。

モバイルバッテリーは普段からご利用されている方も多いと思いますが、万が一のために充電した状態を保っておきましょう。

 

カセットコンロ

オール電化のご家庭では停電時にはIHクッキングヒーターも使えなくなります。ちょっとお湯を沸かしてレトルト食品やインスタントラーメンなどを調理する際には、カセットコンロがあれば停電の際にも安心です。

カセットコンロのボンベの使用期限は6~7年と言われています。定期的に期限が切れていないか確認することをおススメ致します。。

 

懐中電灯

「携帯電話やスマホのライトがあるから懐中電灯は別に必要ないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、災害時に携帯電話はあくまでも情報収取や連絡手段として活用する方がベターです。

照明としていたずらにバッテリーを消耗することを避けるためにも、懐中電灯を前もって用意しておく方が良いでしょう!

 

ポリタンク

災害時にもエコキュートのタンクから水やお湯を取り出して使うことが可能です。取り出したお湯を入れて運ぶための容器があった方が良いでしょう。

事前にバケツやポリタンクなどを用意しておきましょう。断水になったときに給水車などから水を持ち運ぶときにも使えますので、複数個用意しておきましょう。

 

オール電化災害のまとめ

オール電化住宅で災害時に備えて知っておきたいことと、準備しておきたいアイテムをご紹介していきました。

いざという時のための備えをしておかないと災害時に困るのはオール電化でもそうでなくても変わりません。

オール電化住宅だと、「停電=何もできない」というイメージが先行しがちですが「オール電化にしたから特に不便!」ということはあまりないです。

エコキュートのタンクの中のお湯など、オール電化だからこそのメリットももちろんございます。特徴をしっかりと理解して、ご自宅の状況に合わせた災害対策を心がけましょう。

⇓⇓⇓エコキュート・オール電化のお問い合わせはこちらから⇓⇓⇓

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化に切り替えをしたい!プロにお願いするべき理由

    こんにちは!エコの大臣です。新築でお家を建てられても10年、20年と建つにつれて色々なところに傷みがみられるものです。特に毎日使うガスのコンロは油汚れなどがこびりついて、取れなくなってしまっているとい……

    2020/11/24

  • オール電化でエコキュートの寿命はどれくらい?少しでも長く使うためには

    こんにちは!エコの大臣です! どんなに新品でピッカピカの物を買っても時間が経つにつれて、傷んだり汚れてしまったり…。最終的には壊れて動かなくなってしまいますよね…。オール電化で利用するエコキ……

    2020/11/23

  • 大阪でオール電化の料金はガスより安い?高い?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です。給湯器やガスのコンロも使用年数がかなり経っていてそろそろ交換時期なのかな?というタイミングで、ガスをやめてオール電化への切り替えをお考えの方もいらっしゃるのではないかと思い……

    2020/11/21

  • オール電化と都市ガスならどちらを選ぶべき?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です!この100年間で日本の住宅事情も大きく変わってまいりましたね。100年前はまだ薪を使って炊事やお風呂の湯沸かしをされている家庭も多かったと思います。それから時代が移り変わっ……

    2020/11/16

  • オール電化で必要な設備って何?少しでも快適に過ごすためにやるべきこと

    こんにちは!エコの大臣です!これからオール電化にリフォームを検討されているお客様にとっては、「これからどんな設備を導入したら良いの?」とご不安な方もいらっしゃると思います。また、オール電化にするのにど……

    2020/11/13

  • オール電化で冬の電気代は高くなる?少しでも安くするための方法

    こんにちは!エコの大臣です!お家の光熱費というのは基本的には「照明」、「暖房」、「給湯」の3つの要素に分かれています。ガスと電気の併用からオール電化に切り替えると「暖房」と「給湯」の部分もすべて電気で……

    2020/11/08

  • 徹底比較!IHとガスコンロどちらがおすすめなのかを公開!

    こんにちは!エコの大臣です。オール電化が全国的に普及する要因の1つになったのが、台所のIHクッキングヒーターの登場ですね!今から約30年前に市場に登場して以来、今までの台所の調理器具=ガスコンロという……

    2020/11/03

  • オール電化は高いって言われているけど本当?少しでも電気代を節約するためには

    こんにちは!エコの大臣です!『エコの王様』ではエコキュートやIHクッキングヒーター、太陽光発電システムといった省エネ設備を今までたくさんのご家庭様に販売、設置工事をさせて頂きました。実際に交換をさせて……

    2020/11/02

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ