王様のためになる話

蓄電池の種類っていくつあるの?最適な蓄電池の選びかた

2020/04/06

こんにちは!エコの大臣です!

今日は蓄電池に関する情報の第三回となります!今回は実際に販売されている家庭用蓄電池をタイプ別にご紹介していきます。

今日の内容はお家に合った蓄電池を選ぶにあたってとても重要なお話です!これから蓄電池をお探しになる皆さんの助けになれば幸いです!今回も最後までお付き合いの程よろしくお願い致します。

 

蓄電池にはたくさんの種類が存在している

蓄電池には使われている原料や仕組みによって、いろいろな種類があることは第二回の「家庭用の蓄電池の耐用年数はどれくらい?長く使うためにやるべきこと」でもお伝えしました。

現在、一般的な家庭用蓄電池で使われているのは「リチウムイオン電池」という種類の蓄電池です。

携帯電話やノートパソコンなどのバッテリーにも使われていて、高エネルギーで大容量なのに小型化が可能という特徴があり、盛んに生産されています。

 

蓄電池の設置方法による種類


まずは、蓄電池の設置方法によってタイプ分けしていきます。大きく分けると2種類ございます。


ポータブル型


名前の通り、小型で持ち運びの容易なタイプの蓄電池です。

専用の電気工事などをしなくても設置出来るので、マンションなどにお住まいになられている方でも非常用の電源としてお使い頂くことが出来ます。

持ち運びが出来るのでキャンプなどのレジャーのときにも使うことが出来ます。

小型な分、容量も小さいので、太陽光発電と連携して電気代を削減しするという目的では使うことが出来ません。


定置型


今、広く普及していっているのがこちらの定置型の蓄電池です。国や地方自治体から補助金が出ているのもこちらの定置型の蓄電池になります。

専用の電気工事が必要になり、一度設置すると動かすことは難しいです。

ただ、太陽光パネルや深夜電力を活用して電気代を削減したり、容量も大きいので長期間の停電にも対応できるなどメリットも大きいです。

蓄電池にためられる電気の容量によって屋内型屋外型に分かれています。

6kw以上の容量がある蓄電池は、屋外型になるという認識で良いでしょう。

 

蓄電池の機能による種類

蓄電池は主に電気をためる蓄電ユニットと、蓄電池にためるための電気を変換するパワーコンディショナーの部品に分かれています。

このパワーコンディショナーの機能によって「単機能型」「ハイブリッド型」に分けられます。

画像はnichicon蓄電池HPより

 

単機能型

 

単機能型の蓄電池は蓄電池専用のパワーコンディショナーと蓄電ユニットのセットで構成されています。単機能とは機能が単純という訳ではなく、「単独でも機能することが出来る蓄電池」という意味です。

単機能型の蓄電池は、太陽光発電システムを設置していないご家庭でも導入することが出来ます。

また、太陽光発電システムをすでに設置されているご家庭様でも、設置しているパネルのメーカーとの相性などを気にせずに設置することが出来るというのが大きなメリットです。

太陽光発電システムに影響を与えないので、蓄電池を設置しても太陽光発電の保証が残っている場合には継続して保証を受けることが出来ます。

ただ、太陽光パネルで発電した電気をためる場合、太陽光側のパワコンと蓄電池側のパワコンで発電した電気を2回変換しないといけないので、電気のロスが大きくなるというデメリットがあります。

また、太陽光発電側のパワコンが故障した場合、別途交換費用が必要になります。

 

ハイブリッド型

 

太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナーが一体になっているのがハイブリッド型の蓄電池です。

単機能型と違い蓄電時のロスが少なく、発電した電気を効率的に使うことが出来ます。パワコンが一台で済むので省スペースで済むというメリットがあります。

また、本来太陽光発電のパワコンの寿命は10年~15年と言われています。

後付けで蓄電池を設置する場合、古くなっている太陽光側のパワコンを交換することが出来るので、その分のコストも節約することが出来ます。

さらに切り替えたときから10年~15年は蓄電池のメーカーの保証に再度入ることが出来るので、長期間安心してお使い頂くことが出来ます。

デメリットとしては、お使いになられている太陽光パネルのメーカーや設置の仕方によって、設置出来る蓄電池の種類やメーカーが限定されたり、設置出来ないことがあります。

また、太陽光パネルとその周辺機器の保証が残っている場合は、既に入っている保証は切れてしまいます。

太陽光側と蓄電池側で同じパワコンを使っているので、パワコンが故障するとどちらも機能しなくなってしまうという点も注意が必要です。

 

蓄電池の接続方法による種類

続いて、蓄電池の接続方法によって2つの種類に分かれます。こちらは、停電時などに使える電化製品などに違いがありますので、非常用の電源として蓄電池の導入をご検討のお客様にとっては重要なポイントになってきます。

 

全負荷型

 

全負荷型の蓄電池は停電時でもお家全体の電気をまかなうことが出来ます。

万が一、災害で停電になったとしても、蓄電池に蓄えられている電気で停電前と変わらない状況で生活することが出来ます。

オール電化のご家庭様でも200VのIHクッキングヒーターやエアコンなども変わらず使うことがが出来ます。

全負荷型は消費する電力の量も多いので、蓄電容量が大きい屋外設置のタイプのものが多くなります。

 

特定負荷型

 

特定負荷型の蓄電池は停電時には、あらかじめ設定しているお部屋やコンセントの電気だけを使うことが出来ます。

必要な箇所をあらかじめ選択しておけるので、無駄な電力の消費を抑えることで電気を長持ちさせられます。

値段も全負荷型と比べると少し安く設置することが出来、商品の種類も豊富なので、比較して選ぶことが出来るのも「特定負荷型」のメリットの1つです。

ただ、設置のときにあらかじめ電気を使う場所を指定しておく必要があり、指定した箇所以外のところでは電気を使うことが出来ません。

また、エアコンやIHクッキングヒーターなどの200V の電源が必要な電化製品には対応できないことが多いので、小さなお子様や高齢の方が同居されているような場合には「全負荷型」の方をお選び頂くのが良いでしょう。

 

自宅で蓄電池を導入するなら容量と出力をチェック!

蓄電池を購入するさいには蓄電容量出力をチェックしておきましょう!

蓄電容量というのは蓄電池にためられる電気の量です。「kwh」という単位が主に使われています。

容量が大きいほど、中にためておける電気の量が多いので、停電などのときにも長い時間電気を使うことが出来ます。

容量の小さい2kwh~6kwhくらいの蓄電池は小型の屋内設置型が多いです。

6kwh以上の容量のものになると屋外設置型になります。

出力とは蓄電池にためた電気を使う時に、同時にどれくらいの電子機器を動かすことが出来るかのエネルギーの量を表します。

家庭用蓄電池は1.5kw~3.0kwまでの出力のものがあります。

2kw(2000w)の出力の蓄電池であれば、電子レンジ(1,500w)、冷蔵庫(200w)、照明(100W)を3か所くらいまでを同時に使うことが出来ます。

あらかじめ停電時に使いたい器具の消費電力を調べておいて、不足のないようにしておきましょう。

 

蓄電池のことなら「エコの王様」にお任せ

エコの王様では各メーカーの単機能型、ハイブリッド型の蓄電池を取り揃えております。

蓄電池単体での工事はもちろん、オール電化の設備や、太陽光発電とセットでの設置、販売までさせて頂いております。

「どの蓄電池が合っているのかわからない。」、「他のところではこの蓄電池を勧められたけど、セカンドオピニオン的なものも知っておきたい。」などなど、蓄電池に関するどんなご質問でも大歓迎です!

 

蓄電池の種類のまとめ

今回は蓄電池の種類に関しての情報をお伝えしていきました。

簡単にまとめますと・・・

・既に太陽光発電の保証が切れている場合はハイブリッド型、まだ太陽光発電を設置して間がない、太陽光発電を設置していない場合は単機能型がおススメ!

・オール電化をご利用のお客様は、200V電源が必要なIHクッキングヒーターやエアコンなども問題なく使える「全負荷型」の大容量の蓄電池がおススメです!

・非常時の備えとして、最低限の電化製品だけは動かしたいというご家庭様には「特定負荷型」の蓄電池が導入コストも安く、おススメです!

・マンションにお住まいで蓄電池の設置工事が難しいお客様にはポータブル型の蓄電池がおススメです。

 

「結局、どのタイプが良いのかわからないわ!」というお客様は、一度エコの王様までお問い合わせ下さい!

蓄電池専門のアドバイザーが皆様のご家庭に合った蓄電池をご提案させて頂いております!

第一回の記事はこちら⇒蓄電池とは一体何?蓄電池が予想以上に便利な理由とは

第二回の記事はこちら⇒家庭用の蓄電池の耐用年数はどれくらい?長く使うためにやるべきこと
 

お問い合わせはこちらをクリック!!!

 

では、また次の記事でお会いしましょう!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化住宅はなぜ人気があるの?その理由について徹底解説してみた

    多くの一般家庭では昔からガス設備が利用されてきましたが、現在、オール電化住宅に切り替えている家庭が多くなってきています。その背景には、電気の安全性が証明されており、エコでもあるので普及していっているか……

    2020/08/31

  • 家庭用蓄電池って何?導入時のメリットやデメリットを公開

    こんにちは!エコの大臣です!最近、大規模な自然災害の影響で長期間にわたって深刻な被害が毎年のように日本各地で出ています。特に、台風や地震の影響で起こる停電が長期化することも多く、その間不便な生活を強い……

    2020/09/15

  • 蓄電池でエアコンも使えるって本当?停電時でも大活躍できる理由とは

    こんにちは!エコの大臣です!今年の夏も非常に暑いですね。残暑もかなり厳しいということで、まだまだ暑い時期が続くことと思います。熱中症対策などに十分気を付けたいところです。この時期は特に天候も荒れやすく……

    2020/09/06

  • 突然の停電でパニック!?停電時に冷蔵庫が使えるのかどうか

    こんにちは!エコの大臣です!現代社会において「電気のない生活と言うのは考えられない!?」という人も多いのではないでしょうか。特に夏~秋にかけて台風や激しい夕立などで雷が落ちた影響で停電してしまうことも……

    2020/09/01

  • 蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真実に迫る

    こんにちは!エコの大臣です!蓄電池を設置したいなと思っても何を手がかりに選んだら良いのかがイマイチピンと来ませんよね。まずは、有名なメーカーでみんなが設置しているような人気のある蓄電池から検討していく……

    2020/08/30

  • 蓄電池は深夜電力で節電効果がバツグンって本当?その理由とは

    こんにちは!エコの大臣です!最近になって「蓄電池を設置しないとこれから損する!?」ということで、蓄電池の検討を進めているご家庭様も数多くいらっしゃると思います。蓄電池があれば停電しても電気が使えるとい……

    2020/08/28

  • 絶対に失敗しない蓄電池の選びかたってあるの?初心者向けに伝授!

    こんにちは!エコの大臣です!太陽光発電や蓄電池などといった住宅設備は、導入するのに100万円以上かかるのが通常ですので、みなさん慎重に検討を重ねていかれることと思います。特に蓄電池の場合はパンフレット……

    2020/08/23

  • 蓄電池の性能はメーカーによって違うって本当?比較するべきポイントとは

    こんにちは!エコの大臣です!2019年11月に初めて売電の固定買取期間の満了を迎えるお客様(卒FIT)を迎える方が現れ始めました。今後も毎年数万件のペースで売電価格が下がってくる太陽光ユーザーがいらっ……

    2020/08/18

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ