王様のためになる話

エコキュートの電気代とさらにお得に活用する5つのポイント

2019/10/05

エコキュートにかかる年間の電気代って?

エコキュートにすると電気代がお得になるってよく聞くけど、本当に安くなるの?実際には年間でどれくらいの電気代がかかるの?と疑問に思われたことのある方も多いかと思います。

そこで今回は皆様のその疑問にお答えするとともに、エコキュートを使ってさらに電気代をお得にするエコキュートの使い方やポイントなんかを改めていくつかご紹介していきたいと思います!

エコキュートの毎月の電気代は約1700円前後!

さて、まずはエコキュートにかかる電気代がどれくらいなのかということについてお伝えしたいと思います!

実はパナソニックとダイキンに関してはホームページに年間の電気代の目安が掲載されています。

それを参照にすると、パナソニックに関しては毎月平均約1700円、年間で約20400円の電気代になるそうです。

ダイキンのエコキュートだと年間で平均約16300円となっています。

三菱さんは公式サイトの方でランニングコストのシミュレーションをすることが出来るようになっているので、そちらの方をご活用していただければご自宅での光熱費がどれくらいお得になるのかを知っていただくこともできるかと思います。

出典元:低ランニングコスト | 特長 | エコキュート | 給湯・暖房 | Panasonic
    電気料金について|エコキュート|ダイキン工業株式会社

 

 

 

まずは料金プランの変更から!

2019年10月現在、エコキュート、オール電化をご利用のお客様向けの電力プランというのを各電力会社さんが提供してくれています。今までガスの給湯器や灯油のボイラーなどをお使いのご家庭様などはエコキュートの取り付けが完了したタイミングで電力のプランを変更していただく必要があります。

『え~!なんだか面倒くさそう!』と思われるお客様もいらっしゃるかと思うのですが、エコの王様でご契約いただいたお客様には各電力会社への電力プランの切り替えの申請まで弊社の方でさせていただいておりますので、ご安心頂ければと思います。

参考までに各電力会社のオール電化向け料金プランを一覧にして掲載させていただきます。

北海道電力:eタイム3プラス

東北電力:やりくりナイト8・やりくりナイト10・やりくりナイトS

東京電力:電化上手

中部電力:スマートライフプラン

北陸電力:くつろぎナイト12

関西電力:はぴeタイムR

四国電力:でんかeプラン

九州電力:電化でナイト・セレクト

エコキュートを上手に使って電気代を節約しよう!

エコキュートを使うと実際にお得に生活していただけることは先ほどもお伝えした通りなんですが、ここからはエコキュートを使っていく中でのちょっとしたポイントをお伝えしていきたいと思います。

お得な夜間電力を使ってお湯を作ろう!

先ほどもお伝えいたしましたが、エコキュートをお得にお使いいただくには、各電力会社が提供している、オール電化住宅向けの電力プランに切り替えていただく必要があります。この電力プランは時間帯によって電気代が段階的に設定されていて夜間が安く、逆に昼間は高めの金額設定になっています。ですので、エコキュートには電気代のお安い深夜の時間帯にお湯を作ってもらう必要があります。私たちが休んでいる間に一生懸命お湯を作ってくれるエコキュート君!ありがたいですね!

だから、昼間の私たちが活動しているような時間帯にはエコキュート君には休んでおいてもらわないといけないんですよね。エコキュートにはその日にお湯を使う量を学習して自動で沸かしてくれる学習機能がついているので、基本的にはお湯を昼間に沸かすことはありません。ですが、急にお湯を使う量が増えてしまうと昼間に沸き増しをしないといけないので、昼間の高い電気代でお湯を作ることになってしまいます。

エコキュートにはピークカット機能がついているので、昼間にエコキュートが自動でお湯を沸き増しするのを止める機能がついています。これを使うことで昼間の高い電気を使ってお湯を作るのをやめることが出来ます。

追い炊きよりも高温の足し湯を!

冬場の入浴だとやっぱりお湯がぬるくなってしまって追い炊きや温め直しをすることが多くなってくるかと思うのですが、実は高温の足し湯をした方がお得に使えることがあります。

エコキュートの仕組み上、お湯を温めなおすときにタンクの中の熱を奪ってしまうので、すでに熱くなっているお湯をそのまま浴槽に入れてしまった方が使う熱の量が少なくすむことが多いです。

具体的な方法に関してはこちらの記事でも説明しているので、ご覧になってください。

 

長期の外出ではエコキュートの停止設定をするのをお忘れなく

ご旅行や長期の出張などでお家を空けられるときにはエコキュートの停止機能を使いましょう。

2週間程度の外出であればエコキュートの外出機能を使って、その期間お湯を作るのを停止しておきましょう。

せっかくお湯を沸かせておいても使わなければもったいないので、あらかじめ機能を停止しておくとよいですね!

季節によってエコキュートの運転モードを切り替えよう

エコキュートには学習機能がついていて、その日必要な分のお湯を自動で沸かしておいてくれることは先ほどもお伝えしましたが、お湯を使う量が少ない夏場などには節電モードを使うことで電気代をさらに節約することもできます。

逆にお昼間にお湯を使うことが多くなりそうなときにはお湯の量を「多め」の設定にすることで、昼間にお湯を沸き増しすることを事前に防ぐことも効果的ですね。

注意しないといけないのは、節電モードにしてお昼間にお湯が足りなくなってしまうとお昼間の高い電気代でお湯を作ることになってしまうので注意が必要です。季節ごとに設定しているモードの切り替えをするのを忘れないようにご注意ください。

まとめ

いろいろとエコキュートを使って電気代をお得に使っていただく方法を紹介させていただきました。

①電力プランの切り替え!

②お安い夜間の電気を使ってお湯を作る!

③ぬるくなったお風呂は追い炊きでなく高温の足し湯を!

④長期の外出の際はエコキュートを停止するのをお忘れなく!

⑤季節によっては節電モードなどを使ってさらに効率的に!

やはり毎日使うものなので少しでもお得に使いたいものですよね!参考にしていただければ幸いです。

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • 2019年度 蓄電池大型補助金制度をかんたん解説!補助対象条件と計算方法について

    蓄電池の補助金は2019年がチャンス 2019年問題に差し掛かった家庭では蓄電池は無視出来ない問題の一つと言えるでしょう。 昨今、相次ぐ天災による被害に自家発電自家消費のニーズは高まってきつつあり……

    2019/10/17

  • エコの王様の売れ筋太陽光パネルメーカーランキングベスト3!

    エコの王様での人気メーカーベスト3をお伝えします! みなさん、こんにちは。エコの大臣です。最近、毎年のように大型の台風が日本に上陸してきますね。エコの王様にもオール電化住宅にお住まいの方から、「停……

    2019/10/14

  • エコキュートって本当に湯切れしないの?湯切れしないようにするにはどうしたら良いの?

    エコキュートはお湯をタンクにためるタイプの給湯器です 昔、電気温水器ををお使いになられたことのあるお客様から「エコキュートにすると光熱費は安くなるって聞くけど、湯切れしたりするんじゃないの?」との……

    2019/10/11

  • メーカーごとのエコキュートの特徴を比較!その1(東芝・三菱・パナソニック)

    一口にエコキュートと言ってもメーカーがたくさん! みなさん、こんにちは。この10月から新しく『王様のためになる話』の更新を担当させていただくことになりました!エコの大臣(自称)です。 これから一生……

    2019/10/07

  • エコキュートの電気代とさらにお得に活用する5つのポイント

    エコキュートにかかる年間の電気代って? エコキュートにすると電気代がお得になるってよく聞くけど、本当に安くなるの?実際には年間でどれくらいの電気代がかかるの?と疑問に思われたことのある方も多いかと……

    2019/10/05

  • 関西でエコキュートを設置するなら大阪の業者が安い? 大阪がオススメなその理由は?

    エコキュートの価格が安いのはインターネット販売 エコキュートを購入する上で検討いくつかあると思います。価格、機能、保証内容、などなど。 エコキュートの販売当初に比べて、価格は下がったものの、それで……

    2019/10/05

  • エコキュート工事の質について どこで見極めればいい?工事が丁寧な優良店

    消費者は安くて安心出来る店舗を求める 昨今、エコキュートの購入経路の半数がインターネット販売店と言われています。 その理由としてはエコキュート専門業者による価格競争が激しく、「安く手に入りやすい」……

    2019/09/16

  • エコキュートの使用年数と交換修理の関係 エコキュートは修理と交換どっちがお得?

    エコキュートに不具合 まず最初は修理するのが正しい? 機械には寿命が存在します。エコキュートも例外ではなく使用年数が長くなるにつれいろいろな機能に不具合が出てきますが まず最初に思い浮かぶのは修理……

    2019/09/13

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ