王様のためになる話

エコキュートのメンテナンス方法とその重要性 こんな症状があれば水抜きをしましょう

2019/07/30

こんにちは!エコの大臣です。エコキュートを長く使い続けて頂くためには日々のメンテナンスが重要になってきます。今日はエコキュートのメンテナンス方法とどれくらいの頻度で行なったらよいのかということをお伝えしていきたいと思います。

エコキュートは水をお湯に変えているだけですから、タンクや配管が汚れることはないと思われてる方もいらっしゃると思います。

ところが、水道水は純水ではなく様々な不純物が含まれていて、その不純物が沈殿物としてタンク内に溜まってしまいます。

またお風呂のお湯を循環させている場合は、その汚れがフィルターで目詰まりを起こすこともあります。

それらが原因でエコキュートのタンクや配管の状態が悪くなります。その結果、エコキュートの効率が悪化し場合によっては故障にも繋がりますので、エコキュートを長く使うためには定期的なメンテナンスが推奨されています。

エコキュートの構造

エコキュートの貯湯タンクというと、四角くて背の高いボックスをイメージする人も多いかもしれませんが、それは貯湯タンクユニットの外観でしかありません。実際には円筒状のタンクがユニットの中に納められています。

貯湯タンクの下部には水道水の入口があり、そこから貯湯タンクに水を貯めます。貯められた水は、同じくタンク下部にある出口を通ってヒートポンプに流れていきます。

ヒートポンプで暖められたお湯は、貯湯タンクの上側から供給されタンク内に貯められます。それでは冷たい水と温かいお湯が混ざってしまうのではないかと思うかもしれません。実際にお湯とお水は混ざってしまうのですが、お湯は水よりも重さが軽いためタンク上部にお湯が貯まり、水はタンク下部に貯まるように出来ています。

以前はお風呂でお湯を沸かすと、浴槽の上側に熱いお湯だけが貯まるため、それをかき混ぜてから入浴していました。その仕組を利用したのがエコキュートというわけです。

タンクの上部にお湯を貯めますので、シャワーやお風呂の給湯はタンク上部から行います。また、お風呂の追い焚きなどは、タンク上部から取り出したお湯を熱交換器に流し、そこで浴槽内のお湯を温めます。タンク側の温度が下がったお湯はタンク下部から再びタンク内に戻り、水として利用されます。

物理的な構造だけ見ると貯湯タンクはただの円筒です。タンクの材質としてはサビのほとんど発生しない「ステンレス」を採用しています。古いタイプのエコキュートではタンクが錆びるようなことがありましたが、最新の商品はそのあたりの課題はほとんどすべて改善されています。

エコキュートのメンテナンス必須!お湯に黒い粉が混ざる

エコキュートを長く使っているとよく見られる症状の一つに、お湯を溜めると浴槽の底に黒い粉のようなものが混ざっていることがあります。きちんと浴槽は洗ったのにどうしてだろう?と思うかもしれませんがこれは、配管の接続部などに使われているパッキンが劣化してお湯に混ざったものです。

この状態になるとパッキンを交換しなくてはいけません。劣化が始まっていますので、放置しておくと劣化が進みそこから水漏れが発生する可能性が出てきます。

ですがエコキュートは構造が複雑なので、どのパッキンが劣化しているのか分かりにくく、一部のパッキンを交換したとしても、他のパッキンも同じ現象が起こる可能性が高いです。この場合はパッキン交換ではなくエコキュートの買い替えの検討を視野に入れる必要があります。

エコキュートの修理代金に関しての詳しい記事はこちら⇒エコキュートの故障を疑うときの症状と気になる修理代金

エコキュートのメンテナンス必須!お湯がくさい

貯湯タンクのメンテナンスをしていないと、お湯が臭ってしまうことがあります。エコキュートに限らずお風呂のお湯がにおう原因は追い焚き配管に多いとされており、貯水タンクの水抜きをしても解決されない場合は配管洗浄を行いましょう。

エコキュートを長く使っていなかった場合には、エコキュート内に溜まっていた水が腐っている可能性があります。この場合も汚臭の原因になりますので、水がもったいなくてもすべての水を排水し、タンクの中を空っぽにしてから再稼働させましょう。

エコキュートの配管洗浄の機能に関しての詳しい記事はこちら⇒配管の中まで清潔にしたい!エコキュートの配管洗浄機能とは

エコキュートのメンテナンス必須!お湯が青い

稀に浴槽に貯めたお湯が青く見えるといった症状がありますが、そういうケースのほとんどが「そう見えるだけ」で実際には無色透明のお湯が出ています。水と光の性質による場合、浴槽の色がアイボリー系だと、とくに明確に影響が出るようです。

一説にエコキュートの加熱部分に使用する銅が析出して青く見えると言われていますが、お湯が青く見えるほど銅が溶け出すことはまずありません。ただし、まったく溶け出さないかというとそうではありません。特に新しい間は溶出しやすいと言われており、微量に溶け出した銅イオンは浴槽、水栓などに石鹸と結びついて青く変色します。

しばらくすると落ち着くと思いますので、それまではこまめに汚れをこすり落とすようにしましょう。

なお、緑青は以前は有害とされていましたが現在は銅精錬時には電気精錬なので有害なヒ素は混入することは有りませんので有害性はございませんのでご安心下さいませ。

エコキュートのメンテナンス必須!断水後にお湯が濁ってしまう

配管工事などで一時的に断水することがまれにありますが、断水解除後にそのままエコキュートを動かすと、シャワーのお湯などが白濁することがあります。これは断水によって水が汚れてしまったためで、そのまま使っているとフィルターが目詰りする可能性があります。

すでに給水してしまった場合は、もったいないですがタンク内の水とお湯をすべて抜いてください。対策としては断水中にエコキュートの「給水配管専用止水栓」を閉じておきましょう。

断水が終わったら、洗面所などの蛇口から白濁が収まるまで流し続けてください。白濁がなくなったのを確認したら、「給水配管専用止水栓」を開けてエコキュートの使用を再開しましょう。

断水時の詳しい対策方法はこちら⇒エコキュート断水時に行うべきこと

貯水タンクのお手入れは年に2回〜3回するべき

脚部カバーを取り外す

貯水タンクの下部にあるカバーを取り外します

メーカーによりネジを外せば取り外せるものドライバーが必要なものがあります。ご確認下さい。

 

給水配管専用止水栓を閉める

左に90度捻ると給水配管が閉まります。

 

 

 

 

 

 

逃し弁を開きます

基本的には貯水タンク上部に設置されています。

レバーを上に上げると水が多少流れますが給水配管専用止水栓を閉めているのですぐに止まります。

 

 

 

 

排水栓を開く

勢いよくお湯が流れてもったいな気がしますが1分〜2分ほど我慢しましょう。

底に溜まった汚れを水圧で落とし、手順を逆にして元に戻します。先ほど閉めた給水配管専用止水栓を開きます。まだ逃し弁が開いているので水が流れますが、逃し弁を閉めれば止まりますので貯水タンクのお手入れは完了です。

メーカーにより手順が異なることもありますので詳しくはお使いの製品の説明書をご覧下さい。

エコキュートのメンテナンスまとめ

定期的にメンテナンスをおこなうことで、耐用年数以上に長くお使い頂くことも出来ます。

せっかく費用をかけて交換したエコキュートですから大切に長い間使って頂ければ嬉しいです!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化で安い時間帯はあるの?効率よく電気代を下げる方法【関西編】

    こんにちは!エコの大臣です!オール電化はとても便利で、皆さんの暮らしを豊かにしてくれること間違いなしの商品ですが、お家全体の電気の使用量はガスを使っていたころと比べると多くなります。便利だからといって……

    2020/12/05

  • オール電化に切り替えをしたい!プロにお願いするべき理由

    こんにちは!エコの大臣です。新築でお家を建てられても10年、20年と建つにつれて色々なところに傷みがみられるものです。特に毎日使うガスのコンロは油汚れなどがこびりついて、取れなくなってしまっているとい……

    2020/11/24

  • オール電化でエコキュートの寿命はどれくらい?少しでも長く使うためには

    こんにちは!エコの大臣です! どんなに新品でピッカピカの物を買っても時間が経つにつれて、傷んだり汚れてしまったり…。最終的には壊れて動かなくなってしまいますよね…。オール電化で利用するエコキ……

    2020/11/23

  • 大阪でオール電化の料金はガスより安い?高い?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です。給湯器やガスのコンロも使用年数がかなり経っていてそろそろ交換時期なのかな?というタイミングで、ガスをやめてオール電化への切り替えをお考えの方もいらっしゃるのではないかと思い……

    2020/11/21

  • オール電化と都市ガスならどちらを選ぶべき?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です!この100年間で日本の住宅事情も大きく変わってまいりましたね。100年前はまだ薪を使って炊事やお風呂の湯沸かしをされている家庭も多かったと思います。それから時代が移り変わっ……

    2020/11/16

  • オール電化で必要な設備って何?少しでも快適に過ごすためにやるべきこと

    こんにちは!エコの大臣です!これからオール電化にリフォームを検討されているお客様にとっては、「これからどんな設備を導入したら良いの?」とご不安な方もいらっしゃると思います。また、オール電化にするのにど……

    2020/11/13

  • オール電化で冬の電気代は高くなる?少しでも安くするための方法

    こんにちは!エコの大臣です!お家の光熱費というのは基本的には「照明」、「暖房」、「給湯」の3つの要素に分かれています。ガスと電気の併用からオール電化に切り替えると「暖房」と「給湯」の部分もすべて電気で……

    2020/11/08

  • 徹底比較!IHとガスコンロどちらがおすすめなのかを公開!

    こんにちは!エコの大臣です。オール電化が全国的に普及する要因の1つになったのが、台所のIHクッキングヒーターの登場ですね!今から約30年前に市場に登場して以来、今までの台所の調理器具=ガスコンロという……

    2020/11/03

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ