太陽光発電のよくある質問

太陽光発電に関するご質問

太陽光発電を検討してますがパネルの他に何が必要ですか?
太陽光パネルを支える架台とそれぞれのパネルで発電した電気を一箇所に集める接続箱、家庭で使える電気に変換するパワーコンディショナー発電量や売電量を確認するモニターが必要です。
太陽光発電システムの導入費用はどれくらいかかりますか?
太陽光発電システムの設置費用は、屋根にのせるソーラー・パネルの出力や、その他の機器の金額、設置工事にかかる費用などによって決まります。
屋根にどれくらいのパネルをのせられるかは、家の立地条件や屋根の形状によって変わってくるので最終的には専門業者の見積もりが必要になりますがイメージとしては100万円~350万円くらいが相場と言えます。
品質や発電量はメーカーによって違うんですか?
メーカーや機種によって品質には幅があります。
ソーラー・パネル・メーカー各社は、自社製品に出力保証をつけており、設置後に不具合が発生して出力が低下した場合には製品の交換などの対応も行っております。
停電のときでも太陽光発電があれば電気が使えますか?
停電しているときでも、昼間であればソーラー・パネルで太陽光発電した電気が一定量以上あるときには、その電気を使用することが出来ます。
曇りや雨の日でも発電はしますか?
発電はしますが晴れに比べれば圧倒的に発電量は少なくなります。
発電して使わなかった電気はどうなりますか?
昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社へ売電できます。
夜は発電することができないので、電力会社から買電することになります。
太陽電池の重さはどれくらいですか?
メーカーや太陽電池の種類にもよりますがひとつの例をあげますと3kwのシステムで250kg程度の重さになりますが、屋根に対して分散して重みがかかりますので気にするほどのことではありません。
家全体の電気を賄うくらい発電するにはどれくらい設置しなければいけないの?
一般的な家庭(4人家族)で平均年間消費電力は5,500kwとされており5kw程度のシステムでほぼ賄えることになります。 ただしライフスタイルにより左右されますので一概には言えません。
納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら
納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ