王様のためになる話

エコキュートの凍結予防と凍結してしまった時の対処方法

2019/02/14

こんにちは!エコの大臣です!

さむーい冬の時期になると朝方には植木に霜が降りていたり、小さい水たまりが凍っていたりすることがありますよね。夜のうちに配管の中の水も同じように凍ってしまうと、朝蛇口をひねったときに水が出なくなってしまったりします。

今日はエコキュートの配管が凍結してお湯が出なくなってしまう原因とその対処方法についてお伝えしていきます!

そもそもなぜ配管が凍結するのか?

エコキュートには水道水をヒートポンプで集めた熱で温めてタンク内に循環させる管が存在します。

深夜電力を使って作ったお湯をタンクに貯めてから必要な場所に給水しています。

ヒートポンプは外気の熱を圧縮して変換する機械です。外の空気を機械の中に取り込んで、その中にある熱を集めます。ヒートポンプから出される空気は熱を集めた後の冷たい空気が外に出されますのでヒートポンプ周辺の配管が比較的凍結しやすくなっています。

特に、夜間の気温がマイナス4度を下回るような地域では、凍結に注意しなくてはなりません。

エコキュートが凍結した時の対処法と注意点

配管が凍結してしまった際の代表的な症状としてはお湯が出なくなり、リモコンにはエラー表示が出るでしょう。

対処法にはいくつかパターンがあります。

 

自然に溶けるのを待つ

基本的に凍結が起こるのは夜中〜朝型にかけての一番気温が低くなる時間帯です。

翌日、日が昇り外気温が上がってくると自然と氷が溶けて解決する可能性が高いです。

外の温度が暖かくなったら、台所リモコンに表示されたエラーを解除して再度エコキュートを運転させてみてください。

給湯栓を少し開いて待つことで直ったり、何もしなくても解決する場合もあります。

 

 

急いで使いたい場合は配管にぬるま湯をかける

貯湯タンクとヒートポンプの給水配管、給湯配管、ふろ配管部分をタオルなどで覆い、人肌程度のぬるま湯をかけて徐々に温めます。

注意点はすぐに溶かしたいからといって熱湯を凍結している配管にかけると、急激な温度差により配管が破損してしまう恐れがあります。

配管の解凍が終わった後は、配管からしっかりとお湯を拭き取りましょう。

かけたお湯をそのままにしておくと、また外気に冷やされて凍ってしまう可能性があります。そうすると再び配管が凍結してしまいますのでご注意ください。

凍結を起こさないための予防策

冬の朝に急にお湯が使えないとなると、身支度にも手間取ってしまい一日のスタートとしてはあまり良くないですよね。

冷え込みが予想される場合には事前に凍結防止対策をお勧めします。

 

凍結防止運転

メーカーによっては自動で凍結を防止するために、浴槽内の残り湯をゆっくり循環させてくれる機能が存在します。(※フルオートのみ)

入浴後排水をせず、お風呂にお湯を残しておきます。(※ポイントは循環口の中心から10cm以上)
外気温が約3℃より低くなると風呂配管の凍結予防運転を自動で行います。

残り湯がない場合は、水を張ってください。(水がないと循環口から水が出たり、30分おきに作動音がします。)

引用:Panasonicホームページより

すでにエコキュートを使用されている方は凍結防止運転搭載であるかメーカーにご確認下さい。

 

水を出しっぱなしにしておく

水の流れが止まってしまうと凍結しやすくなるので、水を蛇口から少しずつ出し続けることで、常に配管内の水を動かす事により凍結を防ぎます。
(この方法は水道代が上がる可能性も出てきますので、状況により判断下さい)

 

配管を保温する

給水・給湯配管、ふろ配管、ヒートポンプ配管は断熱材で覆われています。
良心的な施工業者だと寒冷地は配管に保温シートを巻いたり、ヒーターバンドを設置するなどの保温工事を対応してくれています。
ですが、使用年数の経過とともに断熱材が破損してしまうとと凍結することがあります。
配管に直接風があたると、熱を奪われ配管の温度が下がり凍結することがあります。

風よけ用に配管を覆うようについたてを立てる、もしくはビニールシートやタオルなどをかぶせておくのも対策になります。

配管の凍結のまとめ

エコキュートの配管が凍結する原因や対処方法をお伝えしていきました。

配管が凍結するとそこから配管が破損して水漏れの原因になってしまうこともございます。

エコキュートの凍結防止運転の機能などを使って、まずは配管が凍結を予防しましょう!

凍結してしまっても、時間が経てば自然に溶けていきますので、お急ぎでない場合はしばらく待ってみましょう。それでも、エラーが解除されないという場合にはエコの王様までお問い合わせ下さいませ!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化の光熱費は高い?安い?少しでもオトクに利用するために

    こんにちは!エコの大臣です!エコの王様にお問い合わせ頂くのは、すでにオール電化やエコキュートをご利用されている方ばかりではありません。初めてオール電化への切り替えを検討する方も数多くいらっしゃいます。……

    2020/10/22

  • 蓄電池の導入で元は取れる?取れない?少しでもオトクに使う方法

    こんにちは!エコの大臣です。今までいろいろと蓄電池に関する記事をご紹介してきました。商品の機能やメーカー毎の様々な特徴や施工にあたっての注意点など、重要なポイントを何点かお伝えさせて頂きました。ですが……

    2020/10/17

  • エコの王様の紹介動画が出来ました!

    この度、エコの王様の紹介動画が出来ました。20秒ほどの短い動画ですので、ぜひご覧頂ければ幸いです。 皆様のおかげで、工事実績も一万件を突破しました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。これか……

    2020/10/05

  • 蓄電池は長洲産業がおすすめな理由とは?製品の特長について調査!

    こんにちは!エコの大臣です!今日は蓄電池のメーカー別特集の記事になります。今回ご紹介するのは、太陽光発電の国内メーカーとしても有名な長州産業の蓄電池です!長州産業は雨漏り保証など太陽光発電に関しては独……

    2020/10/12

  • 蓄電池の買い時っていつがベスト?最適な購入のタイミングを伝授!

    こんにちは!エコの大臣です!最近続々と蓄電池を導入されているご家庭様も増えてきていますが、「もっと安くなるのでは?」と値下がりを待っておられる方も中にはいらっしゃるのでは?そういう金額的な面も含めて蓄……

    2020/10/09

  • 蓄電池の最適な大きさとは?設置場所を考慮した重さやサイズを選ぼう

    こんにちは!エコの大臣です!ここ数年、家庭用の蓄電池の販売台数も右肩上がりに増加しておりまして、「もし、設置するならこの蓄電池が良いんじゃないかな?」と設置する蓄電池の目星を付けておられる方も数多くい……

    2020/10/01

  • 蓄電池の用途は無限大!種類と用途をどこよりも詳しく解説中

    こんにちは!エコの大臣です!2019年問題を機に注目を集めている蓄電池ですが、一口に蓄電池と言ってもその種類や仕組みなどは様々でいろいろな用途に使われています。今回はそんな蓄電池の種類や注目されている……

    2020/09/28

  • 家庭用蓄電池って何?導入時のメリットやデメリットを公開

    こんにちは!エコの大臣です!最近、大規模な自然災害の影響で長期間にわたって深刻な被害が毎年のように日本各地で出ています。特に、台風や地震の影響で起こる停電が長期化することも多く、その間不便な生活を強い……

    2020/09/15

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ