王様のためになる話

エコキュート 凍結予防と凍結してしまった時の対処方法

2019/02/14

そもそもなぜ配管が凍結するのか?

エコキュートはには水道管から汲んだ水をヒートポンプで発生させた空気熱で温めてタンク内に循環させる管が存在します。

タンクに貯めてから必要な場所に給水しているのです。

ヒートポンプは外気の熱を圧縮して変換する機会なので冷気を吐き出すのでヒートポンプ周辺の配管が比較的凍結しやすくなってします。

ですから、夜間の気温が-4度を上回るような地域では、凍結に注意しなくてはなりません。

凍結した時の対処法と注意点

配管が凍結してしまった際の代表的な症状としてはお湯が出なり、リモコンにはエラー表示が出るでしょう。

対処法にはいくつかパターンがあります。.

【1.自然に溶けるのを待つ】

基本的に凍結が起こるのは夜中〜朝型にかけての一番気温が低くなる時間帯です。

翌日、日が昇り外気温が上がってくると自然と氷が溶けて解決する可能性が高いです。

外の温度が暖かくなったら、台所リモコンに表示されたエラーを解除して再度エコキュートを運転させてみてください。

給湯栓を少し開いて待つことで直ったり、何もしなくても解決する場合もあります。

 

【2.急いで使いたい場合は配管にぬるま湯をかける】

貯湯タンクとヒートポンプの給水配管、給湯配管、ふろ配管部分をタオルなどで覆い、人肌程度のぬるま湯をかけて徐々に温めます。

注意点はぬるま湯で徐々に温めることで、すぐに溶かしたいからといって熱湯を凍結している配管にかけると、急激な温度差により配管が破損してしまう恐れがあります。

最後にかけたお湯はしっかり拭き取りましょう。

かけたお湯をそのままにしておくと、また外気に冷やされて氷になってしまう可能性があります。そうすると再び配管が凍結してしまいますのでご注意ください。

 

 

 

凍結が起きないための予防策

とはいえ、冬の朝にお湯が使えないとなると身支度にも手間取ってしまい一日のスタートとしてはあまり良くないですよね。

明日は冷え込むぞといった日には事前に凍結防止対策をお勧めします

 

【1凍結防止運転】

メーカーによっては自動で凍結を防止するために浴槽内の残り湯をゆっくり循環させてくれる機能が存在します。(※フルオートのみ)

入浴後排水をせず、お風呂にお湯を残しておきます。(※ポイントは循環口の中心から10cm以上)
外気温が約3℃より低くなると風呂配管の凍結予防運転を自動で行います。

残り湯がない場合は、水を張ってください。(水がないと循環口から水が出たり、30分おきに作動音がします。)

Panasonicホームページより引用

すでにエコキュートを使用されている方は凍結防止運転搭載であるかメーカーにご確認下さい。

 

【2.水を出しっぱなしにしておく】

お湯の蛇口をほんの少し、糸の線程度、お湯が出るぐらいに緩め、常に配管内のお湯を動かす事により凍結を防ぎます。
(この方法は水道代が上がる可能性も出てきますので、状況により判断下さい)

 

【3配管を保温する】

給水・給湯配管、ふろ配管、ヒートポンプ配管は断熱材で覆われています。

良心的な施工業者だと寒冷地は配管に保温シートを巻いたり、ヒーターバンドを設置するなどの保温工事を対応してくれています。
ですが使用年数の経過とともに断熱材が破損してしまうとと凍結することがあります。
配管に直接風があたると、熱を奪われ配管の温度が下がり凍結することがあります。

風よけ用に配管を覆うようについたてを立てる、もしくはビニールシートやタオルなどをかぶせておくのも対策になります。

 

 

 

 

 

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • エコキュート 凍結予防と凍結してしまった時の対処方法

    そもそもなぜ配管が凍結するのか? エコキュートはには水道管から汲んだ水をヒートポンプで発生させた空気熱で温めてタンク内に循環させる管が存在します。 タンクに貯めてから必要な場所に給水しているのです……

    2019/02/14

  • エコキュート 修理代と壊れたと思った時に良くあること【足し湯が出来ない場合】

    修理業者を呼ぶ前に ガス給湯器や灯油ボイラーをご利用のご家庭からエコキュートに切り替えは年々増えていますが すでにオール電化導入過程がガス給湯器や灯油ボイラーに切り替えることはあまりないでしょう。……

    2019/02/01

  • エコキュート メーカ別保証内容を徹底解説

    メーカーにより保証内容は異なる エコキュートを検討中の皆様は機能性やお値段はもちろん購入してから何かあった時のために保証内容も気になるところですね 今回はメーカー別に何処が手厚い保証を対応している……

    2019/01/05

  • エコキュートで電気代が下がりにくい家庭

    エコキュートには不向きな家庭もある 夜間の安い電気代を使ってお湯を沸かすことで経済的に使用できるエコキュートですが もちろん全てのご家庭が安く使えるというわけではありません。今まではエコキュートの……

    2018/12/12

  • エコキュート・ストレーナーのお手入れ

    1・脚部カバーを取り外します   給水栓は水道からエコキュートの中に入る水を止めてくれるので作業中に水が流れないよう安全のために必ずしめて行なってください。    ……

    2018/12/10

  • IHクッキングヒーターと調理道具

    IHクッキングヒーターに対応しているかどうか 安全性とお手軽なお手入れが人気のIHクッキングヒーターの利用率は年々上昇を続けています。 そこでIHクッキングヒーターを導入された方が一番最初にしなけ……

    2018/12/06

  • エコキュートと床暖房

    エコキュートは床暖房でさらに経済的に これからの季節に欠かせない暖房ですがやはり光熱費が心配ですよね。 ヒートポンプ式温水床暖房は、大気の熱をくみ上げて温水を作るため、少ないエネルギー(電気)で済……

    2018/11/28

  • IHクッキングヒーターのお手入れ方法

    お手入れの手軽さがIHクッキングヒーターの魅力 IHクッキングヒーターを導入する理由として「安全性」というのが大半を占めますが それ以外にも「手入れの簡単さ」というのも大きな魅力の一つになります。……

    2018/11/27

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ