王様のためになる話

給湯器の電源はどこ?給湯器に異変が発生したときにチェックすること

2019/11/24

実は電化製品は長時間電源を入れっぱなしにしているとエラーが発生したり、動作が一部遅くなったりすることがあります。パソコンなどは熱に弱いので定期的に電源を落としてやらないといけないのはご存じのことかと思います。給湯器も一度電源を落とすだけでちょっとしたエラーが直ったりすることもあります。給湯器にエラーコードが出た場合、対処後に給湯器の電源を入れ直さないといけないことがございます。

そんな時に意外に困るのが給湯器の電源のON/OFFの方法や電源コンセントの場所!今回はそんな給湯器の電源の場所や、実際にON/OFFの切り替えの方法をお伝えします。

 

給湯器の電源はいくつかのパターンがある

お使いになられている給湯器の種類や設置場所によって、給湯器の電源の箇所や電源コンセントの有無が決まってきます。ご自宅の電源はどのパターンなのかをあらかじめ把握しておくのが望ましいです。

主な給湯器の電源の設置場所

外壁のコンセント

給湯器下部のカバーの中のコンセント

分電盤から直接つながれている

マンションでならメーターボックスの中

 

・外壁のコンセント

ガス給湯器であれば外壁に電源のコンセントが付いていることがほとんどです。給湯器の近くにコンセントが伸びていますので、そちらを抜き差しすることで電源をリセットすることが可能です。抜いてから30秒ほど待ってから再度差し込むようにしてください。

・給湯器下部のカバーの中のコンセント

床暖房をお使いになられているご家庭などでは、お風呂と給湯器をつなぐ配管や追い炊き用の配管、それに加えて床暖房の設備とつながっている配管もあり、かなりごちゃごちゃとしてしまいます。そのため、給湯器周りの外観を良くするために、配管が給湯器下部のカバーの中にしまわれていることがございます。電源が近いとコンセントもその中にまとめてしまわれていることがあります。

・分電盤から直接つながれている

エコキュートや電気温水器は電源コンセントではなく、分電盤から直接電気を取っています。ガス給湯器でも一部、分電盤から直接電気を取る場合があります。その場合は外壁から直接配線が伸びているのでその部分も一度ご確認ください。

エコキュートや電気温水器であれば本体に付いている漏電遮断器をOFFにすることで給湯器本体の電源を切ることが出来ます。貯湯タンク本体に手で外せるようなカバーが付いていますので、その中に付いています。

・マンションでならメーターボックス内

マンションなどでは給湯器はメーターボックスの中にあることが多いので、コンセントもその中にあることが多いです。ベランダに給湯器がある場合はその近辺にコンセントがあると思いますので探してみてください。

 

実はコンセントは引っ張っても抜けない

給湯器のコンセントは普通に引っ張っても抜けないようになっています。通常はコンセントの上側に防水のカバーが付いていて、コンセントは上向きにささっています。そのため、抜けにくいようにロックがかかるようになっています。

左回りにコンセントを回すと抜けるようになっています。戻すときには差し込んでから逆回りにコンセントを回してロックするのを忘れないようにしてください。

また、コンセントを抜くなどして給湯器の電源をOFFにした場合には、リモコンの時計やタイマーなどもリセットされてしまうので、再設定するのを忘れないようにしてくださいね。

 

給湯器の電源がどこかわからないときの最終手段

給湯器の電源がどこにあるのかわからない、もしくは先ほどお伝えしたように給湯器が分電盤と直接つながれている場合には、ブレーカーを落とすことで給湯器の電源を切ることが出来ます。

どのブレーカーが給湯器につながっているのかがわかる場合には、そのブレーカーを落とせば良いです。どれが給湯器につながっているブレーカーかわからなくなっているときは、右側の小さいブレーカーから順番に1つずつ確認をしていってください。トイレなど比較的小さいところから試していった方が影響が少なくて良いでしょう。

その際に、パソコンなどの精密機械の電源は必ず切っておくようにしてください。作業中のデータなどが消えてしまう可能性がございますので、くれぐれもお忘れなく!

それでもうまくいかないという場合には、一番左側の大きなブレーカーでお家の電源ごと落としてみてください。HDレコーダーや電子レンジなどの家中の家電製品の時計表示など全てリセットされてしまいますのでご注意ください。

 

給湯器の電源のまとめ

 

今回は給湯器の電源の場所と、電源がどこにあるのかわからないときの手段をお伝えしていきました。

簡単にまとめると・・・

・ガス給湯器であれば基本的には電源コンセントが近くにある

・電気温水器・エコキュートであれば貯湯タンクに漏電遮断器が付いています

・それでもわからなければ給湯器のブレーカーを落とす

 

あれ?故障かなと思っても電源のON/OFFだけで症状が改善されることもございます。それでもダメな場合はメーカーに問い合わせて詳しく見てもらうようにして下さい。

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化で災害時に停電してしまったときの対処法について

    こんにちは!エコの大臣です。ここ数年、地球温暖化の影響からか、大型台風が日本に上陸しることが多かったりと自然災害による大規模停電が発生することが多くなってきています。お家全体のエネルギー源を電気に頼っ……

    2020/10/26

  • オール電化の光熱費は高い?安い?少しでもオトクに利用するために

    こんにちは!エコの大臣です!エコの王様にお問い合わせ頂くのは、すでにオール電化やエコキュートをご利用されている方ばかりではありません。初めてオール電化への切り替えを検討する方も数多くいらっしゃいます。……

    2020/10/22

  • 蓄電池の導入で元は取れる?取れない?少しでもオトクに使う方法

    こんにちは!エコの大臣です。今までいろいろと蓄電池に関する記事をご紹介してきました。商品の機能やメーカー毎の様々な特徴や施工にあたっての注意点など、重要なポイントを何点かお伝えさせて頂きました。ですが……

    2020/10/17

  • エコの王様の紹介動画が出来ました!

    この度、エコの王様の紹介動画が出来ました。20秒ほどの短い動画ですので、ぜひご覧頂ければ幸いです。 皆様のおかげで、工事実績も一万件を突破しました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。これか……

    2020/10/05

  • 蓄電池は長洲産業がおすすめな理由とは?製品の特長について調査!

    こんにちは!エコの大臣です!今日は蓄電池のメーカー別特集の記事になります。今回ご紹介するのは、太陽光発電の国内メーカーとしても有名な長州産業の蓄電池です!長州産業は雨漏り保証など太陽光発電に関しては独……

    2020/10/12

  • 蓄電池の買い時っていつがベスト?最適な購入のタイミングを伝授!

    こんにちは!エコの大臣です!最近続々と蓄電池を導入されているご家庭様も増えてきていますが、「もっと安くなるのでは?」と値下がりを待っておられる方も中にはいらっしゃるのでは?そういう金額的な面も含めて蓄……

    2020/10/09

  • 蓄電池の最適な大きさとは?設置場所を考慮した重さやサイズを選ぼう

    こんにちは!エコの大臣です!ここ数年、家庭用の蓄電池の販売台数も右肩上がりに増加しておりまして、「もし、設置するならこの蓄電池が良いんじゃないかな?」と設置する蓄電池の目星を付けておられる方も数多くい……

    2020/10/01

  • 蓄電池の用途は無限大!種類と用途をどこよりも詳しく解説中

    こんにちは!エコの大臣です!2019年問題を機に注目を集めている蓄電池ですが、一口に蓄電池と言ってもその種類や仕組みなどは様々でいろいろな用途に使われています。今回はそんな蓄電池の種類や注目されている……

    2020/09/28

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ