「エコの王様」大人気CM放映中!!

王様のためになる話

ELIIY POWERの蓄電池は安全性が高い!?その理由や特徴について

2022/02/01

みなさんこんにちは!

災害時の対策としてして注目されている蓄電池ですが、製造・販売している会社はたくさんあります。

エコの王様にも最近、蓄電池に関するお問い合わせが増えています。

お客様とお話させて頂く中で良く聞く話が、「ELIIY POWERの蓄電池が性能が良いって聞くけど本当?」、「そもそもELIIY POWERってどんな会社?」などです。

そこで今回は、お問い合わせが多いELIIY POWER蓄電池について詳しくお話します。

 

ELIIY Powerって何の会社?

ELIIY Power株式会社とは、東京都品川区に本社を置く電子機器メーカーのことを指します。

創業は2006(平成18)年9月28日で、大型リチウムイオン電池や家庭用蓄電システムの製造・販売を行う会社でもあります。

会社の経営理念は、「大型リチウムイオン電池を使って、世界の電気を効率良く利用すること。」としています。

ELllY Powerは、他の蓄電池メーカーとは違い蓄電システムだけを販売している蓄電池専用メーカーです。

参考資料:ELllYPower株式会社 HP

 

ELIIY Power蓄電池の特徴

ELIIY POWER蓄電池は、蓄電池専用メーカーということもあり他のメーカとは違った特徴があります。

特徴は全部で3つあるのでそれぞれご紹介します。

 

長期利用ができる

ELIIY Power蓄電池の特徴の1つ目は、長期利用ができることです。

家庭用蓄電池に使われているリチウムイオン電池は、経年劣化や充放電の回数によって少しずつ蓄電容量が減っていきます。

ELIIY Power蓄電池の寿命は、設置場所や充放電の回数によって多少の違いはありますが、12,000サイクルと言われています。

12,000サイクルの寿命のなかで、10年間で1日3サイクルの充放電を繰り返したとしても、蓄電容量の80%が保持できる長寿命蓄電池として注目されています。

ELIIY Power以外の蓄電池は、3,500サイクル程度の充放電で6~10年が寿命とされているので、蓄電池を購入する時には大きな安心材料と言えるでしょう。

※サイクル数とは、充電が0の状態から満充電になって使い切るまでの期間を指します。

 

安全性を重視しているメーカー

ELIIY Power蓄電池の特徴の2つ目は、安全性が重視されているメーカーであることです。

2022年現在販売されている家庭用蓄電池には、リチウムイオン電池が使用されています。

リチウムイオン電池は、何千回の充放電に耐えられるように設計されていますが、日差しが強くなるところや1日を通して影ができないところに設置すると、爆発してしまう可能性があります。

ELIIY Power蓄電池は、安全性を重視して技術革新を行っているメーカーなので、発火の危険性がない製品を製造しています。

蓄電池本体・パワーコンディショナーなどの部品を国内工場で製造しているので品質や安全性が確保されています。

ELIIY Power蓄電池は、国際的な安全性を検証する機関テュフ ラインランドが策定した過酷な11項目の試験をすべてクリアし、蓄電池としては世界ではじめてTUV-Sマークを取得しました。

 

蓄電池専用メーカー

ELIIY Powerは、他のメーカーとは違い産業用・家庭用蓄電池だけを製造・販売しているので太陽光発電システムのメーカーに関係なく設置できます。

蓄電池専用メーカーということもあり性能も高く、蓄電池本体やパワーコンディショナーなどの製品を全ての国内工場で製造しているので品質や安全性が確保されています。

 

ELIIY Powerの主力蓄電池

ELIIY POWERの主力蓄電池は、全部で3つあるのでそれぞれご紹介します。

 

POWER iE5 Link

 

POWER iE5 GRID(パワー イエ ファイブ リンク)は、太陽光発電システムと蓄電システム用パワーコンディショナーが一体になったハイブリッド型蓄電池です。

ハイブリッド型蓄電池のため、太陽光発電システムで発電した電気を無駄なく効率的に貯められます。

蓄電池容量5.4kWhと小さいですが、必要に応じて増設できるので最大で10.8kWhまで容量を増やせます。

停電時でもスマートフォンの充電や照明器具・テレビなど消費電力の小さなものであれば5.4kWhタイプで20時間、10.8kWhタイプで40時間電化製品を使えます。

パワーコンディショナーも小型軽量化して、壁掛けすることによって設置面積を小さくすることに成功しています。

受注生産品にはなりますが、海岸から500m以内にご自宅がある重塩害地にも設置可能です。

標準仕様で最低気温が-20℃になる寒冷地にも設置可能です。

他のメーカーが採用しているリチウムイオン電池とは違い、さらに安全性の高いリン酸鉄リチウムを採用しているので、火災や爆発の危険性が低くなります。

 

容量パワーコンディショナーの種別停電時の動作最大出力寿命
5.4kWhハイブリッド型特定負荷

通常時;5,500w

停電時:2,000w

12,000サイクル

 

POWER iE5 GRID

POWER iE5 GRID(パワーイエ ファイブ グリッド)は、POWER iE5 Linkと同様にハイブリッド型蓄電池です。

POWER iE5Linkと基本性能は同じですが、大きく違うところがあります。

大きな違いとは、通常時と停電時の最大出力と全負荷200vになっていることです。

POWER iE5Linkの通常時で5,500w・停電時で2,000wに対して、POWER iE5GRIDは通常時で8,000w・停電時で5,500wです。

通常時でも8,000wまで出力できるので、太陽光発電システムの発電量が不十分なときに放電することによって電力会社から買う電気を減らせるので、電気代の節約ができます。

停電時になっても5,500wまで出力できるので一度に多くの電化製品を使えます。

POWER iE5 GRIDもPOWER iE5Linkと同様、全負荷200v対応になっていますので停電時に家中の電気が使えますし、200v電源を必要とするエアコンやIHなども使えます。

停電時でも普段通りの生活が送れます。

POWER iE5 GRIDも状況に応じて、蓄電池ユニットの増設ができるため蓄電容量を10.8kWhまで増やせます。

 

POWER iE5 GRIDの性能は次の通りです。

蓄電容量パワーコンディショナーの種別停電時の動作最大出力寿命
5.4kWhハイブリッド型全負荷200v対応

通常時:8,000w

停電時:5,500w

12,000サイクル

 

POWER YIILE HEYA

POWER YIILE HEYA(パワーイレ・ヘヤ)は、POWER iE5 LinkやPOWER iE GRIDとは違い、蓄電容量が1.3kWhと小さいタイプの蓄電池です。

POWER YIILE HEYAは、太陽光発電システムが設置できないマンションやアパートなどの集合住宅占有部分にも設置できるように設計されました。

居住空間における設置スペースの問題を解消した屋内壁掛蓄電池です。

停電が発生した場合、蓄電池からの自動給電に切り替わるため災害時にも安心して生活できます。

POWER YIILE HEYAの性能は次の通りです。

蓄電容量パワーコンディショナーの種別停電時の動作最大出力寿命
1.3kWh単機能型特定負荷500w10年

※単機能型とは、太陽光発電システム用と蓄電システム用のパワーコンディショナーが別々になっている機能のことを指します。

※特定負荷とは、停電時にあらかじめ決めらた場所のコンセントからしか電気が使えないシステムを指します。

蓄電池の性能に関する詳しい記事はこちら⇒蓄電池は種類がたくさんあるって本当?それぞれの特徴について解説!

画像参照元:ELIIY Power HP

 

蓄電池のELIIY Powerのまとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

今回のお話をまとめると、

・ELIIY Powerとは、蓄電池だけを生産している蓄電池専用メーカー!

・ELIIY Power蓄電池の特徴は全部で3つある!

ELIIY Powerは蓄電池専用メーカーということもあって、販売されている蓄電池は性能が高いです。

特に注目すべき点は、火災が発生しにくい電池が使われていたり、世界の安全性能試験で蓄電池として初めて認証を受けたりと安全性を重視したメーカーでもあります。

蓄電池を安全に長く使いたい方は、ELIIY Power蓄電池はおすすめです!

⇓⇓⇓蓄電池に関するお問い合わせは下のバナーをクリック!⇓⇓⇓

 

Latest posts by この記事を監修した人: 中園 康之 (see all)

    電話で
    お見積もり

    メールで
    お見積もり

    LINEで
    お見積もり

    ページのトップへ