施工実績 - エコキュート・IHクッキングヒーター

兵庫県明石市 O様邸で東芝エコキュートHWH-B376Hの設置交換工事をしました。

兵庫県東芝エコキュートHWH-B376H施工後の写真

After

兵庫県東芝エコキュートHWH-B376H施工前の写真

Before

明石市 O様邸

2019年12月14日

  • 兵庫県東芝エコキュートHWH-B376H施工後その他の写真1
  • 兵庫県東芝エコキュートHWH-B376H施工後その他の写真2
  • 兵庫県東芝エコキュートHWH-B376H施工後その他の写真3

明石市にお住いのO様より電気温水器からエコキュートへの交換工事をご依頼頂きました。
先日、「電気温水器からお湯が出なくなってしまった」とお問い合わせを頂き、現地調査にお伺いさせて頂いたのですが、お写真を見てわかるようにかなり年季の入った電気温水器ですね。なんと2001年からお使い出そうで、ほとんど20年選手です!電気温水器は構造がシンプルなので、比較的壊れにくく長く使える傾向にありますが、それにしても大変長くお使いになられたんですね。聞くとメンテンスなども定期的に行っておられたとのこと。やはりまめなお手入れは長持ちの秘訣ですね!
ちなみに丸型電気温水器と角形の電気温水器の違いは丸型は給湯専用のみとなります。
角型は給湯専用、自動湯張(セミオートタイプ、フルオートタイプ)があります。
給湯専用タイプの場合、角型温水器は減圧弁、逃し弁が内蔵されており冬場寒い地域では配管が外気にさらされていないので凍結の心配も少なくなります。あとは見栄えも後者の方が良いですね。
20年間特に不便は感じられなかったとのことですが、「せっかく交換するなら全自動がいいな。今の電気温水器を使い始めた当初は全自動タイプはまだ高かったし、諦めていたから」とのこと。
給湯専用タイプはシンプルな操作でお風呂に入る分に不便はありませんが、やはり放っておいても適温の湯量や温度でお湯を貯めてくれるフルオートタイプはお湯を溢れさす心配もないですし、家事の合間にお風呂の準備が出来て便利ですね。
さらにこの時期だとお風呂を温め直すのにも追い焚き機能は必須です!O様のご希望をお伺いして、この度は東芝エコキュートのフルオートタイプをご案内させて頂きました。300kPhの水圧が、二箇所同時にお湯をしても快適な水圧を保つパワフル給湯機能搭載の人気機種となります。
施工は既存の基礎を使用し、丸型電気温水器の構造上仕方がないのですが、むき出しの配管も撤去し、新しくエコキュート用の配管をつなぎ合わせました。おかげで見た目もスッキリと美しくなりましたね!
給湯専用タイプからフルオートタイプに変更すると、使用心地は違いますが便利になること間違いなしです!
O様、この度は誠にありがとうございました。

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ