王様のためになる話

エコキュートのヒートポンプから水滴が!水漏れ?原因と対処法

2019/07/07

こんにちは!エコの大臣です!

エコの王様でもエコキュートやその周辺からの「水漏れ」に関する内容の問い合わせを数多く頂きます!

今日はその中でもエコキュートの「ヒートポンプユニット」からの水漏れについて、「正常」なのか?「故障」なのか?どうして水漏れが発生するのかについて、解説していきます。

 

ヒートポンプからの水滴が気になる

 

2001年に発売が開始されたエコキュート。2018年には累計出荷台数が600万台を突破し、2現在に至るまで販売台数は右肩上がりとなっています!

従来の電気温水器が電熱線を使って直接熱を産み出してお湯を作っていたのに対して、エコキュートは空気中の熱エネルギーを集めて活用する「ヒートポンプ」を導入しました。

家庭で消費するエネルギーの約1/3を占める「給湯」分野において、大幅なエネルギー消費の抑制を可能にし、一般家庭での省エネに大きな影響を与えたことが普及に繋がった大きな理由になります。

また従来のガス・灯油給湯器からエコキュートへ切り替えを行う世帯も多く、特に都市ガスの通っていない地域では普及率もかなり高く、地域によっては90%以上の家庭で給湯にエコキュートが採用されている地域もあります。

かなりの勢いで普及していったエコキュート。そんな中で「ヒートポンプから水が漏れている」というお声をよく頂きます。

今回はヒートポンプから出てくる水滴の原因と、水漏れの対処法をお伝えしたいと思います。

 

ヒートポンプの下が濡れている場合は水漏れではない

 

結論からお伝えすると、ヒートポンプから出る水滴はエコキュートがお湯を沸かすときにできた結露水(空気中の水分が結露したもの)で故障・水漏れではありません。

と、言ってもエコキュートを最近利用し始めたという方は「結構たくさん水が出てるけど本当に大丈夫?」と思うかもしれません。

なぜ、ヒートポンプから水滴が落ちるのでしょうか。その理由をここで整理しておきましょう。

 

氷水を入れたグラスと同じ

 

ヒートポンプユニットは、空気中の熱を集めて、その熱でお湯を作ります。

このとき外から集められた空気は、熱を奪われて冷えた状態になり、吸い込んだ空気が冷やされて出ています。

ヒートポンプユニットから出てくる水は、空気中の水分が空気熱交換器によって冷やされて結露したものです。

氷水を入れたグラスの周りに水滴がつくのと同じ原理です。

冬場などそもそも外気温が低いときには、結露水が凍って空気熱交換器に霜が付くことがあります。

霜が付くとお湯を沸かす力が弱くなるので、時々霜を融かす運転(霜取り運転)をおこないます。霜が解けるとヒートポンプユニットから水が流れ出ます。

時々、霜が溶けるときに湯気が出て、白い煙に見えることがありますがこちらも故障ではありませんので、慌てなくてもご安心下さい!

 

理由はわかったけど水滴が気になる!

(画像:ダイキン工業株式会社より引用)

水滴は故障でないことがわかったとしても、ポタポタと落ちる水滴が気になるという方は排水工事をお願いしましょう。

ドレンソケットと呼ばれる工具をヒートポンプユニット底面の排水穴に接続し、その先にホースをつけて排水をすることができます。

これからエコキュートを導入予定という方は、施工販売店によっては標準工事として対応している場合もありますが、事前に聞いておくと良いでしょう。設置してから気が付いた、という方は取付を行なった施工販売店にお問い合わせください。

もちろん、エコの王様では、標準工事でドレンの排水工事もさせて頂いておりますので、ご安心下さい!

 

排水工事がされているのに水滴が落ちる

排水工事がされているのに排水以外の場所から水が出ている場合は、ヒートポンプユニットの排水穴や、ドレンソケット、ドレンホースが詰まっている可能性があります。

落ち葉などが詰まっている場合には除去してください。詰まりの原因がわからない場合や、自力では取り除くことが出来ない場合には、エコの王様までご相談下さい。そのままにしておくと他の部分の故障に繋がる恐れがあるので、気が付いたらすぐに対応するのが良いでしょう。

 

ヒートポンプ水漏れのまとめ

ヒートポンプからの水漏れの原因や、その時の対処法をまとめていきました。

朝方などにヒートポンプの周りが水で濡れているような場合は、通常のエコキュートの動作の範囲内であることが多いので、ご心配は無用です。

昼間など、エコキュートが本来運転していないような時間帯にも、水がぽたぽた漏れてしまっているようであれば、どこかの配管から水が漏れている可能性がありますので、発見されたらすぐにエコの王様までご連絡頂ければと思います!

エコキュート修理交換に関するお問い合わせはこちらのバナーをクリック!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化に切り替えをしたい!プロにお願いするべき理由

    こんにちは!エコの大臣です。新築でお家を建てられても10年、20年と建つにつれて色々なところに傷みがみられるものです。特に毎日使うガスのコンロは油汚れなどがこびりついて、取れなくなってしまっているとい……

    2020/11/24

  • オール電化でエコキュートの寿命はどれくらい?少しでも長く使うためには

    こんにちは!エコの大臣です! どんなに新品でピッカピカの物を買っても時間が経つにつれて、傷んだり汚れてしまったり…。最終的には壊れて動かなくなってしまいますよね…。オール電化で利用するエコキ……

    2020/11/23

  • 大阪でオール電化の料金はガスより安い?高い?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です。給湯器やガスのコンロも使用年数がかなり経っていてそろそろ交換時期なのかな?というタイミングで、ガスをやめてオール電化への切り替えをお考えの方もいらっしゃるのではないかと思い……

    2020/11/21

  • オール電化と都市ガスならどちらを選ぶべき?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です!この100年間で日本の住宅事情も大きく変わってまいりましたね。100年前はまだ薪を使って炊事やお風呂の湯沸かしをされている家庭も多かったと思います。それから時代が移り変わっ……

    2020/11/16

  • オール電化で必要な設備って何?少しでも快適に過ごすためにやるべきこと

    こんにちは!エコの大臣です!これからオール電化にリフォームを検討されているお客様にとっては、「これからどんな設備を導入したら良いの?」とご不安な方もいらっしゃると思います。また、オール電化にするのにど……

    2020/11/13

  • オール電化で冬の電気代は高くなる?少しでも安くするための方法

    こんにちは!エコの大臣です!お家の光熱費というのは基本的には「照明」、「暖房」、「給湯」の3つの要素に分かれています。ガスと電気の併用からオール電化に切り替えると「暖房」と「給湯」の部分もすべて電気で……

    2020/11/08

  • 徹底比較!IHとガスコンロどちらがおすすめなのかを公開!

    こんにちは!エコの大臣です。オール電化が全国的に普及する要因の1つになったのが、台所のIHクッキングヒーターの登場ですね!今から約30年前に市場に登場して以来、今までの台所の調理器具=ガスコンロという……

    2020/11/03

  • オール電化は高いって言われているけど本当?少しでも電気代を節約するためには

    こんにちは!エコの大臣です!『エコの王様』ではエコキュートやIHクッキングヒーター、太陽光発電システムといった省エネ設備を今までたくさんのご家庭様に販売、設置工事をさせて頂きました。実際に交換をさせて……

    2020/11/02

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ