王様のためになる話

初めてのエコキュート① エコキュート選びのポイントと容量について

2019/08/18

ひとえにエコキュートといっても種類がある

エコキュートといっても、その種類は様々です。カタログを見ても、色々な機能や容量が書いてあるけど、何が違って、何が自分に合ってるのかを判断していくのも難しいかと思います。そこで、エコキュート選びで大切なポイントをまとめてご紹介いたします。あなたのご家庭に必要な機能を整理していただき、ぴったりのエコキュート探しにお役立て下さい。

まず最初は容量を選びましょう

ガス給湯器や灯油ボイラーと大きく違う点は貯水式給湯器であるエコキュートはまずご自身の家庭に合った容量のタンクを選ぶ必要があります。値段も容量に比例するので大きすぎては勿体無いし、小さすぎては湯ぎれなどのリスクが発生します。適切なタンク容量を選ぶことが大切になっています。

自分の家ではどれくらい使っているのか?お湯の消費量を把握しよう

手洗いやお風呂、皿洗いなどで日常的にお湯を使用していますが、実際自分の家庭で1日にどれくらいお湯を使用しているのか分かる方は少ないでしょう。1日に平均的なお湯の使用量は下記の通りになります。

一般家庭(4人家族)での1日に使用する給湯量を概算してみましょう。

(浴槽溜め湯)200リットル+(1人の使用量)80リットル×4人分=520リットル

給湯量=520リットル(一般家庭における平均的なお湯の使用量)となります。これらを基準にしてお湯の消費量を把握しましょう。

世帯別のおすすめ 容量370L(1〜4人家族にオススメ)

容量370Lのエコキュートは、エコキュートの中でも最も一般的な容量の一つです。容量370Lのエコキュートは、主に〜4人家族にオススメです。

メーカーの表記では「3人家族~5人家族にオススメ」となっている場合が多いですが、4人家族~5人家族でお湯の使用量が多い場合、370Lでは足りなくなってお湯切れを起こしてしまうことがあります。湯切れを起こしてしまうと、電気代が高い昼間の時間帯に「沸き増し」をしなくてはいけない場合もあるため、余計に電気代がかかってしまいます。

容量370Lと460Lの価格差は、実際の販売店舗の場合ですと「3万円程度」しかありませんので、4人家族~5人家族で湯切れを気にしながら使用するくらいなら、たっぷりお湯が使える容量460Lのエコキュートのほうが心配も少ないでしょう

容量370Lで使用可能な湯量目安(1日分)

容量370Lのエコキュートでは、「410~550L」程度の湯量であれば、十分にまかなうことが可能です。

容量460L(4人家族~6人家族にオススメ)

容量460Lのエコキュートは、370Lと並んでエコキュートの中でも最も一般的な容量の一つです。容量460Lのエコキュートは、主に4人家族~6人家族にオススメです。

容量460Lで使用可能な湯量目安(1日分)

容量460Lのエコキュートでは、「480~690L」程度の湯量であれば、十分まかなうことが可能です。

湯量目安「480~690L」の詳細(1日分)

  • 浴槽お湯はり(1回):200L
  • シャワー(4~7回):140~245L
  • 洗面・台所:140~245L
  • 合計:480~690L

※お湯の使用量はあくまでも目安です。

容量550L/560L(6人家族~8人家族にオススメ)

エコキュートで最大の容量が、この550L/560Lです。6人家族以上のご家庭で、お湯をたくさん使うならこのサイズがおすすめです。

なお、550Lと560Lがあるのは、メーカーによって発売している容量が異なるためです。

容量550L/560Lで使用可能な湯量目安(1日分)

容量550L/560Lのエコキュートでは、「550~760L」程度の湯量であれば、十分まかなうことが可能です。

湯量目安「550~760L」の詳細(1日分)

  • 浴槽お湯はり(1回):200L
  • シャワー(5~8回):175~280L
  • 洗面・台所:175~280L
  • 合計:550~760L

※お湯の使用量はあくまでも目安です。

使用湯量=タンク容量ではない

上記の説明を読まれて、使用湯量がタンク容量をオーバーしていると思われた方もいらっしゃるでしょう。エコキュートは貯湯タンクのお湯と水を混ぜて使用するため、貯湯タンクの容量を超えてお湯を使用することができます。ただし、使いすぎて貯湯タンクのお湯が空になった場合は、沸き増しを行う必要がありますので、電気代が高くなってしまいます。エコキュートは容量が増えるごとにそれぞれ3万円ずつほどの違いになるので、使用湯量が多いと感じる方は一つ大きなタイプを購入しておくのも良いでしょう。

 

初めてのエコキュート② 一般向け・寒冷地向け・塩害地用 適切な選び方

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • エコキュート工事の質について どこで見極めればいい?工事が丁寧な優良店

    消費者は安くて安心出来る店舗を求める 昨今、エコキュートの購入経路の半数がインターネット販売店と言われています。 その理由としてはエコキュート専門業者による価格競争が激しく、「安く手に入りやすい」……

    2019/09/16

  • エコキュートの使用年数と交換修理の関係 エコキュートは修理と交換どっちがお得?

    エコキュートに不具合 まず最初は修理するのが正しい? 機械には寿命が存在します。エコキュートも例外ではなく使用年数が長くなるにつれいろいろな機能に不具合が出てきますが まず最初に思い浮かぶのは修理……

    2019/09/06

  • 初めてのエコキュート③ 給湯専用・セミオート・フルオート それぞれの機能

    エコキュートの機能は3つ ひとえにエコキュートと言ってもメーカーやシリーズにより機能は多少なりとも変わります。ライフワークに合わせて必要な機能を選びたいところですが、初めて検討される方にはどれがど……

    2019/09/02

  • 大阪でエコキュートを使って電気代がお得になるって本当!?その理由とは

    どんな人でも当たり前のように家に住み、当たり前のように電気を使っているはずです。 ですが近年、節約志向のご家庭が増えてきたこともあり、どこの部分が節約できるのかを考えている人も非常に多いことでし……

    2019/08/31

  • 初めてのエコキュート② 一般向け・寒冷地向け・塩害地用 適切な選び方

    エコキュートは住宅環境に応じて種類があります エコキュートの購入を検討した場合、タンク容量や機能はもちろんですが、使用する地域によって適切なエコキュートを選ばなければいけないことは知っていましたか……

    2019/08/30

  • 【2019年問題】太陽光発電の余剰電力は自家消費!お昼に余った電気でエコキュートのお湯を沸かそう!

    「2019年問題」の対策と選択肢 約56万件の住宅用太陽光発電がFITによる買取期間の終了を迎え、従来と比べて売電価格が一気に下がってしまう2019年を迎えて、色々な対策を考えられている方も多いの……

    2019/08/25

  • 初めてのエコキュート① エコキュート選びのポイントと容量について

    ひとえにエコキュートといっても種類がある エコキュートといっても、その種類は様々です。カタログを見ても、色々な機能や容量が書いてあるけど、何が違って、何が自分に合ってるのかを判断していくのも難しい……

    2019/08/18

  • エコキュートが故障かも?と感じたときの症状と気になる修理代金

    ランニングコストがお得なエコキュート 長期的に使用する事で経済的に 性能の良いエコキュート、ランニングコストを考えると圧倒的に経済的に使用が出来ますが、長い目で見てお得に使用出来るので設置して数年……

    2019/08/12

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ