王様のためになる話

初めてのエコキュート① エコキュート選びのポイントと容量について

2019/08/18

ひとえにエコキュートといっても種類がある

エコキュートといっても、その種類は様々です。カタログを見ても、色々な機能や容量が書いてあるけど、何が違って、何が自分に合ってるのかを判断していくのも難しいかと思います。そこで、エコキュート選びで大切なポイントをまとめてご紹介いたします。あなたのご家庭に必要な機能を整理していただき、ぴったりのエコキュート探しにお役立て下さい。

まず最初は容量を選びましょう

ガス給湯器や灯油ボイラーと大きく違う点は貯水式給湯器であるエコキュートはまずご自身の家庭に合った容量のタンクを選ぶ必要があります。値段も容量に比例するので大きすぎては勿体無いし、小さすぎては湯ぎれなどのリスクが発生します。適切なタンク容量を選ぶことが大切になっています。

自分の家ではどれくらい使っているのか?お湯の消費量を把握しよう

手洗いやお風呂、皿洗いなどで日常的にお湯を使用していますが、実際自分の家庭で1日にどれくらいお湯を使用しているのか分かる方は少ないでしょう。1日に平均的なお湯の使用量は下記の通りになります。

一般家庭(4人家族)での1日に使用する給湯量を概算してみましょう。

(浴槽溜め湯)200リットル+(1人の使用量)80リットル×4人分=520リットル

給湯量=520リットル(一般家庭における平均的なお湯の使用量)となります。これらを基準にしてお湯の消費量を把握しましょう。

世帯別のおすすめ 容量370L(1〜4人家族にオススメ)

容量370Lのエコキュートは、エコキュートの中でも最も一般的な容量の一つです。容量370Lのエコキュートは、主に〜4人家族にオススメです。

メーカーの表記では「3人家族~5人家族にオススメ」となっている場合が多いですが、4人家族~5人家族でお湯の使用量が多い場合、370Lでは足りなくなってお湯切れを起こしてしまうことがあります。湯切れを起こしてしまうと、電気代が高い昼間の時間帯に「沸き増し」をしなくてはいけない場合もあるため、余計に電気代がかかってしまいます。

容量370Lと460Lの価格差は、実際の販売店舗の場合ですと「3万円程度」しかありませんので、4人家族~5人家族で湯切れを気にしながら使用するくらいなら、たっぷりお湯が使える容量460Lのエコキュートのほうが心配も少ないでしょう

容量370Lで使用可能な湯量目安(1日分)

容量370Lのエコキュートでは、「410~550L」程度の湯量であれば、十分にまかなうことが可能です。

容量460L(4人家族~6人家族にオススメ)

容量460Lのエコキュートは、370Lと並んでエコキュートの中でも最も一般的な容量の一つです。容量460Lのエコキュートは、主に4人家族~6人家族にオススメです。

容量460Lで使用可能な湯量目安(1日分)

容量460Lのエコキュートでは、「480~690L」程度の湯量であれば、十分まかなうことが可能です。

湯量目安「480~690L」の詳細(1日分)

  • 浴槽お湯はり(1回):200L
  • シャワー(4~7回):140~245L
  • 洗面・台所:140~245L
  • 合計:480~690L

※お湯の使用量はあくまでも目安です。

容量550L/560L(6人家族~8人家族にオススメ)

エコキュートで最大の容量が、この550L/560Lです。6人家族以上のご家庭で、お湯をたくさん使うならこのサイズがおすすめです。

なお、550Lと560Lがあるのは、メーカーによって発売している容量が異なるためです。

容量550L/560Lで使用可能な湯量目安(1日分)

容量550L/560Lのエコキュートでは、「550~760L」程度の湯量であれば、十分まかなうことが可能です。

湯量目安「550~760L」の詳細(1日分)

  • 浴槽お湯はり(1回):200L
  • シャワー(5~8回):175~280L
  • 洗面・台所:175~280L
  • 合計:550~760L

※お湯の使用量はあくまでも目安です。

使用湯量=タンク容量ではない

上記の説明を読まれて、使用湯量がタンク容量をオーバーしていると思われた方もいらっしゃるでしょう。エコキュートは貯湯タンクのお湯と水を混ぜて使用するため、貯湯タンクの容量を超えてお湯を使用することができます。ただし、使いすぎて貯湯タンクのお湯が空になった場合は、沸き増しを行う必要がありますので、電気代が高くなってしまいます。エコキュートは容量が増えるごとにそれぞれ3万円ずつほどの違いになるので、使用湯量が多いと感じる方は一つ大きなタイプを購入しておくのも良いでしょう。

 

初めてのエコキュート② 一般向け・寒冷地向け・塩害地用 適切な選び方

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • 三菱のエコキュートに入浴剤は使ってもいい?正しい使い方を伝授!

    一日の最後は、たっぷりのお湯を張った湯船に入浴剤を入れて、ゆっくりつかることで疲れを落としてリラックスしたい!という方も多いのではないでしょうか。最近は美容のために半身浴でゆっくり長時間お風呂につから……

    2019/12/08

  • 給湯器が突然故障してしまった!慌てないために事前に連絡先を知っておこう

    冷蔵庫・クーラー・洗濯機など日常よく使う電化製品が壊れてしまうとすごく焦ってしまいますよね・・・。お風呂のお湯を沸かす給湯器に関しても同じことが言えるでしょう。早速修理をお願いしたいけど、メーカー、給……

    2019/12/05

  • 給湯器(エコキュート)の本体と設置価格はいくら?メーカー別で公開

    給湯器も古くなってきたし、そろそろ交換を検討しているけれど、給湯器の価格がいくらぐらいか気になって夜も眠れない!という方もいらっしゃいますよね!?そんなあなたに今日はエコの 王様がおススメする給湯器の……

    2019/12/01

  • 給湯器が漏電している可能性あり!原因や対処法について

    給湯器も電化製品なので漏電してしまう可能性が全くないとは言い切れません。もし、万が一漏電していたとしたら、早めに気付いて対処しないと大きな事故につながってしまうことも…。そこで、今回は給湯器の周辺から……

    2019/11/28

  • 給湯器の電源はどこ?給湯器に異変が発生したときにチェックすること

    実は電化製品は長時間電源を入れっぱなしにしているとエラーが発生したり、動作が一部遅くなったりすることがあります。パソコンなどは熱に弱いので定期的に電源を落としてやらないといけないのはご存じのことかと思……

    2019/11/24

  • 給湯器の仕組みって超複雑!?初心者でもわかるお湯が出る仕組み

    「毎日使っているのに意外と知らない電化製品ってなーんだ?」っていうアンケートを取ったら結構ランキング上位にきそうな給湯器。「何だか種類がいろいろあるみたいだけど、違いがよくわからないわ!」という方も多……

    2019/11/21

  • 給湯器の水漏れは超危険!?修理前に絶対にやっておくべき5つのこと

    突然、給湯器からの水漏れに気付き、壊れたと思ってしまう人は非常に多いのではないでしょうか。ですが、給湯器の水漏れに気付いているのに、そのまま放置してしまうと危険な目に合う可能性もあります。そこで今回は……

    2019/11/19

  • 給湯器の相場や費用はどれくらいが理想?交換する時期の目安について詳しく解説

    給湯器って実は毎日使っているものなのに、テレビやエアコンなどと比べて家電量販店のチラシやテレビショッピングなんかでもあんまり見かけないし、イマイチ値段が高いのか安いのかわかりにくい!そもそも、前に買い……

    2019/11/15

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ