王様のためになる話

太陽光発電の「自立運転機能」北海道地震の際も助かった

2018/10/24

まだ記憶に新しい北海道胆振東部地震

皆様まだ記憶に新しい北海道地震では道内のほぼ全域である295万世帯にも及び停電が生じたそうです

普段当たり前に利用している電気が断たれることによって日常では考えられないほどご不便な思いをされたことと思います

エコの王様では大阪を中心に主にエコキュート工事を承りしておりますが

昨今では大阪でも大雨や地震など天災に見舞われることも多く、今回は非常時に役立つ太陽光発電システムの「自立運転」を解説したいと思います

 

太陽光発電協会(JPEA)は太陽光発電の自立運転機能が活用された実態を把握するためにアンケート調査を実施

調査の結果太陽光発電システムを導入している家庭は蓄電池を併用していないケースでも、今回の自身において役85%が自立運転機能を利用、災害時に有効に活用出来たとの意見が多数ありました。

そもそも「自立運転機能」とは?

 

 

 

 

 

 

住宅用太陽光発電を導入されている方は馴染みのある言葉ですが自立運転機能とはパワーコンディショナー(電気を家庭内で利用出来るように直流から交流へと変換する装置)に搭載されている機能になります。

太陽光モジュールで発電した電気エネルギーが使用でき、停電時などでも電気が使えるというリスクに備えた大切な機能です。

壁に非常用のコンセントを設置するか、パワーコンディショナーに直接電源プラグを差し込んで使用することになります。

「自立運転機能」が搭載されていないメーカーや施工業者によっては自立運転に必要な工事をしないこともあるので、施工前にしっかり確認しておきましょう。    (もちろんエコの王様では自立運転機能もしっかり施工させて頂きます!)

 

(パワーコンディショナー画像:Qセルズカタログより引用)

 

 

冷蔵庫も炊飯器も使用出来た!

自立運転機能を利用したというユーザーからは「冷蔵庫の中の食材を腐らせずに済んだ」「炊飯器でご飯を炊くことができた」

「携帯電話を充電できた。また、近所の方も充電することができた」「ポータブルTVで震災情報をいち早く入手することができた」などの声が寄せられた。

さらに蓄電池機能を搭載している家庭からは「約2日間問題なく生活できた。近所が真っ暗な中、自宅のみが電気がついていた」など、普段と同じ生活ができたとの声が寄せられた。

不安な状態で情報がいち早く入るのは正しい判断が出来るとともに安心も出来ますね。

「自立運転機能」使い方と認知度

太陽光発電協会(JPEA)の調査による蓄電池機能を併用しない太陽光発電システムのみへのヒアリング数428件のうち自立運転機能を利用した件数:364件 (利用率:85.0%)

およそ64件のご家庭が「自立運転機能」を使用しなかったという結果になりました。

住宅用太陽光発電システムで自立運用を活用しなかった理由

  1. 自立運転機能があることを知らなかった:13件
  2. 運転方法が判らなかった:33件

     3.その他:18件

  • 自立運転用コンセント未設置(屋外設置PCS
  • コンセントの場所が判らなかった。
  • 自立運転機能が作動しなかった。
  • エラーが表示され、自動で切替わると思っていた。
  • 使う前に復電した。

「運転方法がわからなかった」「そもそも自立運転機能があることを知らなかった」という意見が半数を占める結果となり同協会はホームページに、自立運転機能の使用方法が掲載された太陽光発電システムメーカーのWEBサイトを掲載し、災害時に太陽光発電を有効に使える取り組みを広めています。

自立運転機能の設定方法

自立運転機能の設定方法はメーカーにより異なりますので説明書を見ながら設定するのが間違いないでしょう。

ただ非常時になると説明書すら探し出すのも一苦労ですね。ですので今回はあくまで一般的な設定方法をお伝えします。

一般的にはまず分電盤の主電源ブレーカーを落とし電力会社との接続を遮断します。

その後、切換スイッチを自立モードへ変え、非常用コンセントに使用する電化製品の電源プラグを差し込んで使用します。

自立運転機能で太陽電池モジュールで発電した電気を使う場合は、1500W(1.5kW)程度までの電力を使用することができます。

携帯電話の充電やデスク照明などは使用できますが、エアコンや電子レンジなど消費電力の大きい機器の使用は避けた方が良いでしょう。

(※あくまで一般的な方法になりますので、あらかじ取り扱い説明書を読み試運転することをオススメします)

 

 

デメリット・夜間は使用出来ない

「自立運転機能」は発電出来る日中にしか利用出来ないのがデメリットと言えます。

蓄電池との併用で非常時の備えをもっと厚くしましょう。

 

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化に切り替えをしたい!プロにお願いするべき理由

    こんにちは!エコの大臣です。新築でお家を建てられても10年、20年と建つにつれて色々なところに傷みがみられるものです。特に毎日使うガスのコンロは油汚れなどがこびりついて、取れなくなってしまっているとい……

    2020/11/24

  • オール電化でエコキュートの寿命はどれくらい?少しでも長く使うためには

    こんにちは!エコの大臣です! どんなに新品でピッカピカの物を買っても時間が経つにつれて、傷んだり汚れてしまったり…。最終的には壊れて動かなくなってしまいますよね…。オール電化で利用するエコキ……

    2020/11/23

  • 大阪でオール電化の料金はガスより安い?高い?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です。給湯器やガスのコンロも使用年数がかなり経っていてそろそろ交換時期なのかな?というタイミングで、ガスをやめてオール電化への切り替えをお考えの方もいらっしゃるのではないかと思い……

    2020/11/21

  • オール電化と都市ガスならどちらを選ぶべき?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です!この100年間で日本の住宅事情も大きく変わってまいりましたね。100年前はまだ薪を使って炊事やお風呂の湯沸かしをされている家庭も多かったと思います。それから時代が移り変わっ……

    2020/11/16

  • オール電化で必要な設備って何?少しでも快適に過ごすためにやるべきこと

    こんにちは!エコの大臣です!これからオール電化にリフォームを検討されているお客様にとっては、「これからどんな設備を導入したら良いの?」とご不安な方もいらっしゃると思います。また、オール電化にするのにど……

    2020/11/13

  • オール電化で冬の電気代は高くなる?少しでも安くするための方法

    こんにちは!エコの大臣です!お家の光熱費というのは基本的には「照明」、「暖房」、「給湯」の3つの要素に分かれています。ガスと電気の併用からオール電化に切り替えると「暖房」と「給湯」の部分もすべて電気で……

    2020/11/08

  • 徹底比較!IHとガスコンロどちらがおすすめなのかを公開!

    こんにちは!エコの大臣です。オール電化が全国的に普及する要因の1つになったのが、台所のIHクッキングヒーターの登場ですね!今から約30年前に市場に登場して以来、今までの台所の調理器具=ガスコンロという……

    2020/11/03

  • オール電化は高いって言われているけど本当?少しでも電気代を節約するためには

    こんにちは!エコの大臣です!『エコの王様』ではエコキュートやIHクッキングヒーター、太陽光発電システムといった省エネ設備を今までたくさんのご家庭様に販売、設置工事をさせて頂きました。実際に交換をさせて……

    2020/11/02

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ