• Home
  • 王様のためになる話
  • 落雷でエコキュートが壊れてしまった時!火災保険は適用されるのか?火災保険とエコキュートの関係について
王様のためになる話

落雷でエコキュートが壊れてしまった時!火災保険は適用されるのか?火災保険とエコキュートの関係について

2019/06/30

こんにちは!エコの大臣です!

毎日、非常時の備えを意識して生活を行っている、という人はあまり多く無いと思います。非常事態が起きて初めて、「こうしておけば良かった」と思うことがほとんど。
天災などで被害があった場合に、「入っていて良かった」そう思うのがモノや人に対する【保険】です。
本日はエコキュートが落雷で壊れてしまったときの対処法と火災保険の関係についてご案内したいと思います。

 

落雷でエコキュートが壊れるのはなぜ?

エコキュートは「タンク」と「室外機」を野外に設置しないといけないため、落雷の影響を受けやすいです。

落雷で過電流が発生することによって、エコキュート内部の配線が損傷して、故障します。落雷すると、「起動しない」「エラー表示のまま使用できない」といった症状が起きます。

 

落雷でエコキュートが故障した際の火災保険の補償内容

落雷でエコキュートが故障した場合、エコキュートの修理費用または交換費用が保険金として支給されます!助かりますね!

基本的には修理費用が保険金として支給されますが、損傷が酷くて交換しなくてはいけない場合のみ、交換費用が保険金として支給されます。

保険金として支給される交換費用は、故障したエコキュートと同じ型のエコキュートへの交換費用です。

故障したエコキュートが廃盤になっていた場合は、後継機種への交換費用が保険金として支給されますが、こちらは保証の内容によって補償されないということもあります。

 

火災保険の「建物だけ」と「建物と家財」の違い

火災保険が「建物だけ」に掛けられているのか、「建物と家財」に掛けられているのかで、補償は異なります。

エコキュートは火災保険上は建物として扱われるため、火災保険が建物だけに掛けられている場合でも、エコキュートの故障は補償されます。
もちろん、「建物と家財」に火災保険が掛けられている場合にも、エコキュートの故障は補償されます。

多くの自然災害は家に被害を受けた場合、エコキュート以外の家財にも被害があります。

ですので、有事の際に備えて火災保険は「建物と家財」まで補償が出来るものを選択するのが好ましいと言えるでしょう。

 

エコキュートで火災保険が適用されるケース

落雷以外にも火災保険が適用される例をいくつか挙げておきましょう。火災保険は、実は火災以外にも幅広く補償されるので、適用されるケースを覚えておきましょう。

・火災の影響でエコキュートが故障した

・落雷の影響でエコキュートが故障した

・強風でエコキュートが転倒して故障した

・強風で飛んできた物がエコキュートに当たったのが原因で故障した

・雹(ひょう)が当たってエコキュートが破損した

・洪水でエコキュートが水浸しになって故障した

・雪の下敷きになってエコキュートが故障した

などのケースが適用になります。(今回ご紹介したのはあくまでも一例です。ご契約されている火災保険の内容によっても異なりますので、詳細は個別に加入されている保険会社に直接ご確認ください。)

 

エコキュートで火災保険が適用されないケース

火災保険でもすべての故障が補填される訳ではございません。

火災保険が適用にならないケースもご紹介しておきます。

 

経年劣化

火災保険は、突発的な事故によって生じた損害を補償するものです。

経年劣化が原因の故障は火災保険の適用にはなりません。まぁ、当たり前ですね。

経年劣化まで適用になるとすると、何でも保険買い換えられますもんね…。

 

地震によるエコキュートの故障

火災保険は地震による故障は補償の対象外です。地震による被害の場合には、別の地震保険というものがありますので、そちらで対応しましょう。

ただ、地震保険に加入していたとしても、お家自体の損害がほとんどなく、エコキュートだけが故障してしまったという場合には、被害額が小さすぎて修理代金が補償されない可能性が高いです。

 

エコキュートの落雷のまとめ

要点を整理すると・・・

  1. 落雷後にエコキュートが故障した場合は落雷が原因であることが多い
  2. エコキュートは火災保険では建物に分類される。補償してくれる内容の火災保険に入っていれば、落雷で壊れたエコキュートは補償される
  3. 基本的には修理代金が支給、損傷が激しく修理不可の場合は交換費用が支給される場合もある

火災保険が適用されることを知らずに修理・交換をしてしまったという方も多いと思います。

一戸建てにお住まいの方であれば、火災保険は必ず入っておられると思いますので、万が一の時にはきちんと請求するように頭の片隅には留めておいた方が良いでしょう!

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ