施工実績 - 太陽光発電

大阪府河内長野市 H様邸でQセルズの設置工事をしました。

大阪府Qセルズ施工後の写真

After

大阪府Qセルズ施工前の写真

Before

河内長野市 H様邸

2019年11月24日

  • 大阪府Qセルズ施工後その他の写真1
  • 大阪府Qセルズ施工後その他の写真2
  • 大阪府Qセルズ施工後その他の写真3
  • 大阪府Qセルズ施工後その他の写真4

日当たりの良さから頻繁に太陽光発電の訪問販売が来ていたというH様ですが「売電価格も下がってるし今更設置しても得はしないんだろうなぁ」とすべてお断りされていたそうです。
太陽光発電は設置条件が合えばまだまだ経済効果は期待できますが、一時期に比べると勢いが落ち着いたのも事実です。
太陽光発電は投資と捉える意見も多く一番良い時期を知っていると「損はしなくてもそんなに得もしないんじゃリスクは避けたい」という意見も多いですよね。
H様もまさしくその通りで、「日当たりが良いのでマイナスになることはないだろうけど、そんなに大きな利益もないんじゃメンテナンス費用やパワーコンディショナーの交換でプラマイゼロなら付ける意味は無いな」と思っていたそうです。
そんなH様が今になってなぜ太陽光発電を設置するに至ったのかは昨今の相次ぐ「災害の備えとして」と言う観点でした。
「災害時の備え」と言うと一番に蓄電池が思い浮かびますが、太陽光発電システムにも「自立運転機能」と呼ばれる非常用電源としての役割が備わっています。
これは太陽光発電というよりかはパワーコンディショナ―の機能になりますが停電時にも晴れている日中では最大1500W程度の電力を使用することが可能です。
北海道の震災の際に、この機能を知ったH様はそれから太陽光発電を検討し始め、色々な販売店に話を聞いたり、見積もりを取られたそうです。
その中で「早く回収がしたいので価格が安く、丁寧な対応の販売店」ということで、エコの王様にご依頼頂きました。
この「自立運転機能」は実は太陽光発電を設置していても「知らなかった・使ったことがない」という意見も多く、H様のように事前に伝えなければ非常用コンセントの新設など業者によっては必要な工事を行わない場合もあり、施工店は慎重に選ばなくてはなりません。
当日の施工はH様お立ち会いのもと、可能な位置で非常用コンセントの設置を行いました。
「蓄電池はまだまだ高いし、手が出ないけど、太陽光は昔に比べると導入費用もかなり下がったし、来年には蓄電式の電気自動車も買おうかと考えている」とこれからの省エネライフを楽しみにされていました。
H様、この度は数ある販売店の中よりエコ王様をお選び頂き誠にありがとうございました!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら
納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ