王様のためになる話

ガス給湯器の電源はつけっぱなしにしてはいけない!?その知られざる真実とは

2020/02/09

こんにちは!エコの大臣です!みなさんは結構節電とか省エネとかって気にされてますか?

「水道を出しっぱなしにして歯を磨かない!」、「トイレの電気を付けたままにしない!」とかね。気にする方は結構気にしますよね。

私は、エアコンを付けたまま外出していて、家に帰ってきたらめちゃめちゃ涼しくて焦る!なんてことはよくあります。そういうときって「電気代もったいないなー」って思いますよね。

エアコンの付けっぱなしは気になると思うのですが、意外と気にされていないのがガスの給湯器の付けっ放し。

給湯器の電源を付けっ放しにすると電気代はどれくらいかかるのか。ガスは使わないから変わらないんじゃないの?という疑問に今回はお答えしていきます!

 

ガス給湯器の電源をONにすると電気代が発生する

ときどき勘違いされていらっしゃる方がいるのですが、ガスの給湯器も電化製品の1つです。お湯を作るときに使う燃料はガスですが、給湯器自体を動かすのに電気の力が必要です。お家の外の電源コンセントから電気を取って動いています。だから、停電の際にはガス給湯器も使えなくなってしまいますので、その点はご留意ください。

 

ガス給湯器でも待機電力というものがある

ガス給湯器も電化製品なので電気代がかかるというのは先ほどもお伝えしました。給湯器の電源のON/OFFはお家の中にあるリモコンで操作します。ガス給湯器の電源のON/OFFにかかわらず、給湯器を使用していない時でも待機電力がかかります

その他の電化製品でも、待機電力を完全にゼロにするにはコンセントを抜くしか方法がありません。ガス給湯器はお家の外に設置してある方がほとんどです。給湯器の電源コンセントは給湯器の近くにあります。

しかし、使用するたびに給湯器の電源コンセントを抜いたり差したりすることはやめておきましょう。プラグなどが劣化して配線が断線してしまう原因にもなってしまいます。冬場の寒い時期には配管の中の水の凍結を防止する機能が付いています。給湯器の電源を抜いてしまうとその機能も作動しなくなってしまうので、配管が破裂してしまうなど故障の原因になってしまいます。給湯器の待機電力を完全にゼロにすることは難しいでしょう。

 

1年間電源をつけっぱなしのおおよその電気代

 

ガス給湯器の電源を1年間付けっ放しにした場合、待機電力はどれくらいかかるのでしょうか?参考までに1年間の待機電力の計算方法を載せておきますね。

(1時間あたりの消費電力)×24時間×(1kwhあたりの電気料金÷1000)×365日=1年間の待機電力

で一年間の待機電力を求めることが出来ます。これは別に給湯器以外の電化製品でもOKなので興味のある方はテレビなど他の製品の待機電力も計算してみてください!

 

従来型のガス給湯器の1時間当たりの待機電力は約3.9Wと言われています。関西電力の従量電灯aのプランでこの計算式に当てはめて計算をすると

3.9×24×(28÷1000)×365≒956円

となるので、一般的なガス給湯器の待機電力は年間で約956円となります。

ちなみに最新型のエコジョーズであれば待機電力は約0.9Wにまで抑えられているので、年間の待機電力は約220円で済むようです!

 

使うたびに電源をON・OFFににした場合の1年間の電気代

もちろん付けっ放しよりも、使うたびに電源をON/OFFした方が安上がりです。

先ほど計算した結果からだいたい3分の2くらいになるようなイメージでしょうか。

ただし、給湯器は電源のコンセントを抜くことがないので、待機電力を完全になくすことは出来ません。

最新タイプのエコジョーズであれば金額的にはそこまで大きく気にするほどのものではなさそうですね。

 

ガス給湯器の電源を切るとガス代は節約できる?

ガス給湯器はお湯を作っていない時でも待機電力が発生するということはお伝えした通りです。では、ガス代はどうでしょうか?

「え?ガスも電気みたいに待機ガスみたいなのがあるの?」というわけではないです。今、一般的に使われているタイプの給湯器では電源を付けっ放しにしていても待機中にガスは使いません。待機ガスはゼロです!

一部、バランス釜と呼ばれるタイプのお風呂をお使いになられているご家庭では「種火」を少しずつ燃焼させているので種火を付けっ放しにしているとそれだけガス代がかかります。

ただ、一日付けっ放しでも数十円で済みますし、そもそもバランス釜自体が絶滅危惧種みたいな感じになっているので、問題ないでしょう。

 

給湯器の電源が入っているとこんなときにもガスを使っている

今の給湯器では待機ガス的なものはありません。にもかかわらず、電源を切っておくとガス代が安くなるのはどういうことでしょうか?

例えば、手に付いたクリームなどをサッと洗い流したいときって別に水でも良いですよね?

給湯器の電源が入っていると、そのちょっとの水を使う時にもガスを燃焼させてお湯をつくろうとします。でも、実査には作ったお湯が出てくる前に用は済んでしまいますよね?そうなると作ったお湯は配管の中に残ったまま冷めていきます。

給湯器の電源を入れっぱなしにしていると、こういう細かいところでちょこちょことガスを消費していきます。

もちろん冬場の寒い時期に洗い物をするときなど、「絶対に」お湯を使いたい場面ってありますよね。ただ、「水でも構わない」という場面でお湯を使う量が減れば、結果的にガスを使う量も減り、節約に繋がっていきますよね!

 

給湯器の電源をこまめにON/OFFするデメリット

一番大きなデメリットは「とにかく面倒くさい」

これに尽きると思います…。年間で数百円くらいの節約になりますからね。「数百円くらいだったら別にいちいち細かいことを気にしなくても…。」と思われるか「いやいや、地球の資源には限りがあるから、個人単位で少しずつでも節約の努力をしていかないと!」とお考えになられるかは個人の自由なので強制は出来ませんからね。

ただ、今度は給湯器の電源を切った切らないで、また1つご家庭に不毛な争いが生まれるかと思うと…。

あとは、リモコンのボタンを押す回数が増えるので、接触不良などで故障が増える可能性が高くなるということくらいでしょうか。正直こればっかりはわからないですかね…。1,000回のソフトタッチと1回のグーパンチのどちらが故障の原因になったかわからないこともありますからね…。

 

お得に使うならガス給湯器よりもエコキュート

おそらく、この記事をここまで読んでくださった方はお家の光熱費の削減や省エネにとてもご関心をお持ちいただいていることでしょう!今、現在ガスの給湯器をお使いになられているお客様には今度給湯器の交換をご検討の際には、電気でお湯を作るエコキュートも大変おススメです。

エコキュートであればもちろんガス代もかかりませんし、待機電力を含めても一か月にかかる電気代は1,500円~2,500円くらいと言われています。ガス給湯器と比べても約3分の1くらいの金額でお湯を作ることが可能です。

省エネや光熱費の見直しにご興味のある方はぜひ一度エコキュートへのお切り替えもご検討頂ければ幸いです。

ガス給湯器とエコキュートの仕組みについての詳しい記事はこちら⇒給湯器の仕組みって超複雑!?初心者でもわかるお湯が出る仕組み

 

ガス給湯器の電源まとめ

今回はガス給湯器の電源と付けっ放しにしたときの待機電力がどれくらいかかるものなのかを見ていきました。

簡単にまとめますと・・・

・ガス給湯器の待機電力は年間で1,000円弱!最新のエコジョーズであれば200円程度で済むものもあるのでそんなに気にしなくてもOK!

・待機電力の節約のためと言っても電源コンセントは絶対抜かないように!

・給湯器を使わなければ電源が入っていてもガス代はかからない!

・光熱費の削減を考えるならガス給湯器よりもエコキュートがおススメです!

電源のON/OFFはあまり神経質にこだわらなくても大丈夫です。入れっぱなしにしちゃっても大きな差はないと言えるでしょう。

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化住宅はなぜ人気があるの?その理由について徹底解説してみた

    多くの一般家庭では昔からガス設備が利用されてきましたが、現在、オール電化住宅に切り替えている家庭が多くなってきています。その背景には、電気の安全性が証明されており、エコでもあるので普及していっているか……

    2020/08/31

  • 家庭用蓄電池って何?導入時のメリットやデメリットを公開

    こんにちは!エコの大臣です!最近、大規模な自然災害の影響で長期間にわたって深刻な被害が毎年のように日本各地で出ています。特に、台風や地震の影響で起こる停電が長期化することも多く、その間不便な生活を強い……

    2020/09/15

  • 蓄電池でエアコンも使えるって本当?停電時でも大活躍できる理由とは

    こんにちは!エコの大臣です!今年の夏も非常に暑いですね。残暑もかなり厳しいということで、まだまだ暑い時期が続くことと思います。熱中症対策などに十分気を付けたいところです。この時期は特に天候も荒れやすく……

    2020/09/06

  • 突然の停電でパニック!?停電時に冷蔵庫が使えるのかどうか

    こんにちは!エコの大臣です!現代社会において「電気のない生活と言うのは考えられない!?」という人も多いのではないでしょうか。特に夏~秋にかけて台風や激しい夕立などで雷が落ちた影響で停電してしまうことも……

    2020/09/01

  • 蓄電池でシェア率が高いメーカーはどこ?その真実に迫る

    こんにちは!エコの大臣です!蓄電池を設置したいなと思っても何を手がかりに選んだら良いのかがイマイチピンと来ませんよね。まずは、有名なメーカーでみんなが設置しているような人気のある蓄電池から検討していく……

    2020/08/30

  • 蓄電池は深夜電力で節電効果がバツグンって本当?その理由とは

    こんにちは!エコの大臣です!最近になって「蓄電池を設置しないとこれから損する!?」ということで、蓄電池の検討を進めているご家庭様も数多くいらっしゃると思います。蓄電池があれば停電しても電気が使えるとい……

    2020/08/28

  • 絶対に失敗しない蓄電池の選びかたってあるの?初心者向けに伝授!

    こんにちは!エコの大臣です!太陽光発電や蓄電池などといった住宅設備は、導入するのに100万円以上かかるのが通常ですので、みなさん慎重に検討を重ねていかれることと思います。特に蓄電池の場合はパンフレット……

    2020/08/23

  • 蓄電池の性能はメーカーによって違うって本当?比較するべきポイントとは

    こんにちは!エコの大臣です!2019年11月に初めて売電の固定買取期間の満了を迎えるお客様(卒FIT)を迎える方が現れ始めました。今後も毎年数万件のペースで売電価格が下がってくる太陽光ユーザーがいらっ……

    2020/08/18

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ