• Home
  • 王様のためになる話
  • 三菱エコキュート 独自機能 「お天気リンクAI」とは?太陽光発電力をもっと上手に使おう
王様のためになる話

三菱エコキュート 独自機能 「お天気リンクAI」とは?太陽光発電力をもっと上手に使おう

2019/06/17

三菱エコキュート「お天気リンクAI」とは?

家電製品をネットワークでつないでコントロールをする三菱HEMSを使用して三菱太陽光発電システムとエコキュートのより優れた連携を可能にした機能になります。

天気予報と、過去の太陽光発電量実績をもとに、翌日分のお湯のわき上げを太陽光発電で発電した電力を使用するかを自動的に判断します。

わき上げのタイミングを変えることで太陽光発電電力をより上手に活用します。

(参考:三菱エコキュートホームページ 三菱の特徴)

「お天気リンクAI」はどういった仕組み?

翌日の天気予報の情報と過去の太陽光発電量データから翌日の発電量を予測しエコキュートによる翌日分のお湯の沸き上げに太陽光発電を使うかどうかをAIが判断します。太陽光の電力を使うと判断した場合、夜間のヒートポンプを抑制的に運転し、翌日に太陽光で沸き上げることで自家消費を増やします。つまり深夜電力の購入を控える動きにつながるのでより省エネに近づきます。

「お天気リンクAI」の具体的な動作

「お天気リンクAI」の設定は「三菱HEMS」の専用のアプリをインストールしたスマートフォン・タブレットで行います余剰活用モードの中で「お天気リンクAI」は【標準】【最大】の2パターンから選ぶことが出来ます。

 

  • ※1三菱太陽光発電システムの15年度モデル以降の商品で対応可。
  • ※2お天気リンクAIを使用するには、別売部品「GT-HEM3」、スマートフォン/タブレット、専用アプリが必要となります。お天気リンクAIは三菱 エコキュートの18年度モデル以降の商品で対応可。
  • ※32019年1月現在、当社調べ。
  • ※4自家使用する事は可能です。
  • ※5三菱 エコキュートで三菱HEMSをご使用いただくには、別売部品、スマートフォン/タブレット機器、専用アプリ、および設置工事が必要となります。動作確認済みタブレット/スマートフォン等の詳細は「三菱HEMS製品サイト」にてご確認いただけます。
  • ※6コンパクト エコキュート、エコキュート ライト除く。

 

ニーズに合わせて選べる2つのモード

「発電した電気は出来るだけ売りたい」、「発電した電気は出来るだけ消費したい」、それぞれの家庭に合わせたニーズにも答える2つのモード。

変化するライフワークにも対応します。

「お天気リンクAI」がおすすめの理由とは?

2009年から始まった太陽光発電の余剰電力の固定価格買取制度(FIT)ですが、契約期間の10年の終了をすでに迎えられたお客様は、今まで1kwあたり40円台だった買取価格が8円~10円程度に引き下げられることになりました。

それに伴って、「売るよりも消費する」と言う選択肢を考えている方も多くいらっしゃると思います。太陽光パネルで発電した電力を自家消費することの経済的なメリットが大きくなってきており、「お天気リンクAI」では天気予報を使って自動で夜間のわき上げを減らすので太陽光発電を蓄電池とは別のアプローチから上手に活用することが出来ます。

 

お天気リンクAIについてのまとめ

三菱エコキュートのお天気リンクAIのご紹介をしていきました。

特にこれから固定買取期間が終了してしまうご家庭様では、太陽光発電とエコキュートを合わせて上手に活用していくことが光熱費を削減するときの大きなポイントになります。

蓄電池の導入などと違って、使用方法を切り替えるだけで節約することが出来るので太陽光パネルの発電状況や電気のご利用状況に合わせてうまく使っていきましょう。

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ