王様のためになる話

蓄電池でエアコンも使えるって本当?停電時でも大活躍できる理由とは

2020/09/06

こんにちは!エコの大臣です!

今年の夏も非常に暑いですね。残暑もかなり厳しいということで、まだまだ暑い時期が続くことと思います。熱中症対策などに十分気を付けたいところです。

この時期は特に天候も荒れやすく、台風が上陸したりゲリラ豪雨が頻発したりしますよね。

自然災害が原因で停電が発生したりすることも最近では多いです。特にこの暑い時期に停電が起こるとエアコンや冷蔵庫を始めとしたさまざまな電化製品が使えなくなってしまうので大変ですよね!

そこで、今回は停電が起こったときにもエアコンなどの電化製品を動かすことが出来る蓄電池に関してのご紹介と注意点をお伝えしていきます!

 

もし停電した場合困ること

停電になってしまうと家じゅうの電気が使えなくなってしまいますよね。

照明器具はもちろん、冷蔵庫やクーラーなども使えなくなります。

特に停電が長引いてしまうと冷蔵庫の中の物も傷んで食べられなくなってしまいますし、中身の処分や後片付けなどで、精神的にもかなりダメージが大きいと思います。

また、熱帯魚などのペットを飼っていらっしゃる方は酸素ポンプやヒーターなども使えなくなってしまいますので、ご注意ください。

また、電気やガスの給湯器も使えなくなってしまうので、蛇口をひねってもお湯は出ませんし、トイレも電源が入らず、水が流せないということも…。

普段からどれだけ電気に頼った生活をしているのかということを、まざまざと知らされる羽目になりそうですね…。

 

真夏や真冬でエアコンが使えないとツラい

 

気候が穏やかな時期の停電であればまだ良いですが、台風や落雷、豪雪などによる停電が多いのは夏~秋にかけての暑い時期か真冬の寒い時期になりますよね。

必然的に、夏や真冬の気候的に厳しい時期の方が停電が起こりやすくなります。

最近では夏、40度近くまで気温が上がることも珍しくありません。

この時期にクーラーが使えないとなると、過ごしづらいだけでなく、小さなお子様や高齢者の方は熱中症になる危険性も高くなりますし、症状も深刻化しやすいです。

 

蓄電池があれば停電しても電気が使える

長期間にわたる停電が毎年のように起こっているので、非常時の災害対策として蓄電池を導入するご家庭様も増えています。

蓄電池が設置してあれば、停電になったときには蓄電池に蓄えられている電気が使えます。

数時間の停電はもちろん、1~2日間ずっと停電している間にもずっと電気を使い続けることが出来るような容量の蓄電池もございます。

冷蔵庫や電子レンジ、テレビや照明器具、携帯電話の充電などが普段と同じように使うことが出来ます。

もちろん、エアコンもご利用いただくことが可能です。

ですが・・・。

実はすべての蓄電池が停電時にもエアコンを動かすことが出来るわけではないのです。

一部の蓄電池では停電時にエアコンなど一部の電化製品を使うことが出来ません。

この点に関してご存じのない方が結構いらっしゃるようで…。

弊社で蓄電池をご提案させて頂いたときに、「他ではそんな話聞いていなかった!」というお客様も2~3割いらっしゃいます。

「蓄電池を設置すれば停電してもどこでも何でも電気が使える」は間違いです!

「じゃあ、エアコンが使える蓄電池とそうでない蓄電池の見分け方って?」というのを次の項目で見ていきます。

 

一部の蓄電池でエアコンが使えない理由

まずは家庭用の電化製品の電圧についておさらいしていきましょう。

どこにでも電源コンセントです。ご自宅で電気を使うにはコンセントに電源プラグ差し込んで使いますが、普段目にするこの形状のコンセントは100Vの電圧が使えるようになっています。

掃除機や固定電話、電子レンジなどほとんどの電化製品がこちらの100Vの電源を使います。

 

もう1つ見かけることは少ないと思いますが、こんな形状のコンセントもございます。こちらは200Vの電圧にも対応しているコンセントで、動かすのに大きな力が必要な電化製品を使うのに必要です。

オール電化住宅には欠かせないIHクッキングヒーターやエコキュートなどは200Vの電源コンセントが必要になります。

エアコンはどちらなのかということなんですが、エアコンは100Vと200V両方のタイプのものがございます。カタログにも記載がありますので、購入する前にチェックしておきましょう。

14畳以上の大型エアコンは200Vのものが一般的なようです。

多くの蓄電池で停電時に使うことが出来なくなってしまうのは、200Vの電源が必要なエアコンの方です。

家庭用蓄電池は停電時には100Vの出力しか出せないものと、100Vと200Vの両方に対応できるタイプの蓄電池の2種類がございます。

ですので、200Vのエアコンは、100Vの出力しかない蓄電池では使うことが出来ません。

設置した後で「え!?この蓄電池じゃエアコンもIHも使えないの!?」なんてことにならないように、事前にチェックしておくべきポイントをお伝え致します!

 

自立出力をチェック

蓄電池の出力の部分はパンフレットでもあまり説明がないので、意外と見落としやすい部分です。

メーカーさんも「うちの蓄電池は停電時に大型エアコンやIHクッキングヒーターは使えません!」とわざわざパンフレットに書くことはないですからね…。

蓄電池のカタログには後ろの方に蓄電池の仕様が一覧表になっていることが多いので、そこをチェックしてみましょう。

こちらはニチコンの蓄電池「ESS-H1L1」長州産業の「SmartPV」のカタログに掲載されている仕様表です。

蓄電池の仕様表は結構細かいので、どこを見たら良いのかわかりにくいという方もいらっしゃるかと思います。

停電時の出力電圧を確認するには、仕様表の「自立出力」の欄を確認して下さい!

自立運転というのは、停電して電力会社からの電気の供給がない状態を表しています。

自立運転時の「定格電圧」という項目が、停電時に蓄電池から出せる出力を表しています。

「AC101V」と記載があれば停電時には100Vのみ対応、「AC202V」とあれば停電時にも200Vの電化製品を使うことが可能です。

停電時にもIHクッキングヒーターや大型のエアコンを使いたいというお客様はこちらの項目を事前にチェックしておいて下さい。

 

全負荷型か特定負荷型をチェック

 

もう1つ、蓄電池には停電時の動作の部分で大きく2種類に分かれます。

1つは「全負荷型」と呼ばれるもので、停電時にもお家全体に電気を供給することが出来るタイプの蓄電池。

もう1つは「特定負荷型」と呼ばれるもので、お家のどの部屋に電気を供給するのかをあらかじめ決めてから設置するタイプの蓄電池です。

特定負荷型の蓄電池の場合、多くはリビングなどの人の集まりやすいところに設定してあると思います。

その場合、リビングにあるエアコンは停電時にも使えますが、寝室など別の部屋のエアコンは使えません。

少し前まではほとんどの蓄電池が特定負荷だったのですが、最近では全負荷型の蓄電池も徐々に増えてきています。

全負荷型は便利な反面、電池の減りも早いので、万が一の停電のときには電気の使い過ぎには気を付けましょう。

 

停電時を想定し何を使うべきなのかをチェックしておく

毎年、蓄電池もラインナップが豊富になってきておりお客様のニーズに合った蓄電池をご提案できるようになってきています。

停電時にエアコンやIHクッキングヒーターを使いたいのか、どのくらいの間電気を使いたいのか、パワコンの交換は必要か・・・など蓄電池で出来るようになることはたくさんあります。

ただ、すべての機能を備えた蓄電池となると、その分費用も高額になってきます。

本当にその機能が必要なのかどうかを事前によく検討した上で、購入するようにしましょう。

 

蓄電池とエアコンについてのまとめ

今回は停電時にも蓄電池の電気を有効に活用すれば安心だというお話と、蓄電池の電気を使ってエアコンを動かす場合の注意点をいくつかお伝えしていきました。

簡単にまとめますと・・・

・蓄電池があれば停電時にも冷蔵庫や照明などが使えるので便利

・大型のエアコンやIHクッキングヒーターは蓄電池があっても使えない場合もある

・停電時にもエアコンを使うためには200Vの出力にも対応している蓄電池を選ぶ

 

「エアコンに対応していない蓄電池もある」ということを今日は覚えておいて下さいね!

 

⇓⇓⇓この記事を読んで蓄電池に興味が沸いたら下のバナーをクリック!⇓⇓⇓

⇑⇑⇑蓄電池の設置費用に関するお問い合わせも上のバナーをクリック!⇑⇑⇑

 

蓄電池に関する特集記事はこちらから!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • エコキュートで入浴剤を使ってはダメ?その理由についてを詳しく公開

    こんにちは!エコの大臣です!普段はシャワーでも冬の寒い時期になるとお風呂にしっかりと使って、体を芯から温めたいという方がほとんどだと思います。毎日の入浴をより快適にするために、入浴剤を使うことも多いで……

    2021/01/06

  • エコキュートの人気メーカーを徹底調査!特徴や使い勝手を比較

    こんにちは!エコの大臣です!エコの王様はエコキュート専門店として、毎月数多くのご家庭様でエコキュートの取り付け工事をさせて頂いております。そこで、今回はエコの王様で取り扱っているエコキュートをメーカー……

    2020/12/22

  • エコキュートには容量があるって本当?最適なサイズを徹底調査!

    こんにちは!エコの王様です!エコの王様はエコキュートの専門店なので、各メーカーの様々な種類のエコキュートを取り扱っております。「エコキュートを買おうと思っているけど、どんなところに注目して選んだら良い……

    2020/12/15

  • オール電化で安い時間帯はあるの?効率よく電気代を下げる方法【関西編】

    こんにちは!エコの大臣です!オール電化はとても便利で、皆さんの暮らしを豊かにしてくれること間違いなしの商品ですが、お家全体の電気の使用量はガスを使っていたころと比べると多くなります。便利だからといって……

    2020/12/05

  • オール電化に切り替えをしたい!プロにお願いするべき理由

    こんにちは!エコの大臣です。新築でお家を建てられても10年、20年と建つにつれて色々なところに傷みがみられるものです。特に毎日使うガスのコンロは油汚れなどがこびりついて、取れなくなってしまっているとい……

    2020/11/24

  • オール電化でエコキュートの寿命はどれくらい?少しでも長く使うためには

    こんにちは!エコの大臣です! どんなに新品でピッカピカの物を買っても時間が経つにつれて、傷んだり汚れてしまったり…。最終的には壊れて動かなくなってしまいますよね…。オール電化で利用するエコキ……

    2020/11/23

  • 大阪でオール電化の料金はガスより安い?高い?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です。給湯器やガスのコンロも使用年数がかなり経っていてそろそろ交換時期なのかな?というタイミングで、ガスをやめてオール電化への切り替えをお考えの方もいらっしゃるのではないかと思い……

    2020/11/21

  • オール電化と都市ガスならどちらを選ぶべき?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です!この100年間で日本の住宅事情も大きく変わってまいりましたね。100年前はまだ薪を使って炊事やお風呂の湯沸かしをされている家庭も多かったと思います。それから時代が移り変わっ……

    2020/11/16

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ