王様のためになる話

蓄電池は深夜電力で節電効果がバツグンって本当?その理由とは

2020/08/28

こんにちは!エコの大臣です!

最近になって「蓄電池を設置しないとこれから損する!?」ということで、蓄電池の検討を進めているご家庭様も数多くいらっしゃると思います。

蓄電池があれば停電しても電気が使えるというのはイメージがつきますが、電気代が安くなると言われてもあまりピンとこないですよね。

そこで、今回は蓄電池を設置すると電気代が安くなるのは本当なのか?またどうして安くなるのかその真相を探っていきたいと思います!

 

深夜電力とは?電気代が安くなる仕組みについて

まずは、蓄電池を設置したときに電気代が安くなる仕組みについて簡単に解説をしていきます。

現在、電力会社が販売している電気料金のプランとしては「従量電灯契約」「時間帯別電灯契約」の2パターンがあります。

毎月の電気の使用量が多ければ多いほど、電気代の単価が高くなっていくのが「従量電灯契約」と呼ばれるタイプです。

電気を使う時間帯によって電気代の単価が決まっていて、使った時間帯の電気量に応じて料金を請求されるのが「時間帯別電灯契約」と呼ばれるものです。

蓄電池を使って電気代を削減しようという場合には、「時間帯別電灯契約」のプランに切り替える必要があります。

上の表は関西電力の深夜電力の料金プランの「はぴeタイムR」というプランです。

蓄電池を設置すると、一番安い深夜の時間帯に電気を蓄えておけるので、一番安い電力単価で一日中電気を使うことが出来ます。

結果的に今と変わらない生活をしても、電気代の削減効果が得られることになります。

 

夜間の電気代は自動的に安くなるの?

 

深夜電力のプランへの切り替えの申請が必要になります。

蓄電池の設置工事をした販売店が、工事後に各電力会社に申請をしてくれることがほとんどです。

太陽光発電やオール電化をご利用中の場合には、すでにこちらのプランをご利用中の方がほとんどですので、新たに切り替える必要はないでしょう。

 

蓄電池で深夜電力にするとどれくらいの節約が可能か

 

先ほどお伝えした通り、蓄電池を設置することで朝~夕方までにご自宅で使う電気も深夜電力の電気代でまかなうことが出来ます。

昼間に使う電気の使用量によっても金額が変わってきますので、ご家庭による差が大きいです。

一般的なオール電化の4人家族の電気の使用量は一か月で平均すると600kwhくらいだと言われています。一日あたり約20kwhというところでしょうか。

このうち深夜電力が約5kwh、他の時間の電気は約15kwhといったところでしょうか。

この15kwh分の電気が深夜電力と同じ金額で使えるようになったと仮定して計算すると、15kwh×(22.89-15.20)=115円となります。

一日あたり約115円の電気代の削減効果があるので、一か月で約3,000円の節約に繋がるという結果になりますね!

既に深夜電力をご利用中のご家庭様では、電気代の明細に時間帯別の電気の使用量が載っていると思いますので、そちらを元に計算をしてみるのも良いでしょう。

究極に節約をするなら太陽光発電との併用がおすすめ

電気代の節約を一番に考えるのであれば、深夜電力を購入するよりも太陽光発電で自家発電した電気を蓄電池にためて、その電気を活用するようにすれば、電気代を削減することに繋がります。

特に固定買取期間の10年が終わって、卒FITをされたご家庭様においては売電の単価は8~10円程度になってしまいます。

そうなってくると今までと違って、電気を「売る」よりも「使う」方がお得になるような状況に切り替わっていきます。

実際に売電が終わった後に蓄電池の検討を始められるご家庭様も多くいらっしゃいます。

せっかくの太陽光発電設備をそのままにしておくのも勿体ないとお考えの方は蓄電池の導入で思わぬメリットが生まれるかもしれませんね。

 

蓄電池の深夜電力のまとめ

今回は蓄電池と深夜電力を組み合わせることが、電気代の節約に繋がる仕組みと実際にどのくらいの電気代の削減になるのかをお伝えしていきました。

お昼間~夕方にかけての時間帯に電気の使用量が多いというご家庭様の方が、メリットは出やすくなっています。

万が一の停電の時の備えをしつつ、電気代も安く抑えられるのであればとても助かりますよね!

そんな蓄電池でも、設置に費用がかかりすぎてしまっては元を取るのが難しくなりますよね。

蓄電池を設置する前に2~3社から見積もりを取るのが一般的です。

エコの王様では格安の蓄電池の設置・販売を行なっております。蓄電池をご検討の際はぜひ一度エコの王様にもお声掛けください。

蓄電池についての詳細は下のバナークリック

 

蓄電池に関する特集記事はこちらから!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • オール電化で安い時間帯はあるの?効率よく電気代を下げる方法【関西編】

    こんにちは!エコの大臣です!オール電化はとても便利で、皆さんの暮らしを豊かにしてくれること間違いなしの商品ですが、お家全体の電気の使用量はガスを使っていたころと比べると多くなります。便利だからといって……

    2020/12/05

  • オール電化に切り替えをしたい!プロにお願いするべき理由

    こんにちは!エコの大臣です。新築でお家を建てられても10年、20年と建つにつれて色々なところに傷みがみられるものです。特に毎日使うガスのコンロは油汚れなどがこびりついて、取れなくなってしまっているとい……

    2020/11/24

  • オール電化でエコキュートの寿命はどれくらい?少しでも長く使うためには

    こんにちは!エコの大臣です! どんなに新品でピッカピカの物を買っても時間が経つにつれて、傷んだり汚れてしまったり…。最終的には壊れて動かなくなってしまいますよね…。オール電化で利用するエコキ……

    2020/11/23

  • 大阪でオール電化の料金はガスより安い?高い?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です。給湯器やガスのコンロも使用年数がかなり経っていてそろそろ交換時期なのかな?というタイミングで、ガスをやめてオール電化への切り替えをお考えの方もいらっしゃるのではないかと思い……

    2020/11/21

  • オール電化と都市ガスならどちらを選ぶべき?その真実に迫る!

    こんにちは!エコの大臣です!この100年間で日本の住宅事情も大きく変わってまいりましたね。100年前はまだ薪を使って炊事やお風呂の湯沸かしをされている家庭も多かったと思います。それから時代が移り変わっ……

    2020/11/16

  • オール電化で必要な設備って何?少しでも快適に過ごすためにやるべきこと

    こんにちは!エコの大臣です!これからオール電化にリフォームを検討されているお客様にとっては、「これからどんな設備を導入したら良いの?」とご不安な方もいらっしゃると思います。また、オール電化にするのにど……

    2020/11/13

  • オール電化で冬の電気代は高くなる?少しでも安くするための方法

    こんにちは!エコの大臣です!お家の光熱費というのは基本的には「照明」、「暖房」、「給湯」の3つの要素に分かれています。ガスと電気の併用からオール電化に切り替えると「暖房」と「給湯」の部分もすべて電気で……

    2020/11/08

  • 徹底比較!IHとガスコンロどちらがおすすめなのかを公開!

    こんにちは!エコの大臣です。オール電化が全国的に普及する要因の1つになったのが、台所のIHクッキングヒーターの登場ですね!今から約30年前に市場に登場して以来、今までの台所の調理器具=ガスコンロという……

    2020/11/03

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ