「エコの王様」大人気CM放映中!!

王様のためになる話

(2022年最新版)新型のダイキンエコキュートの評判は?価格やおススメ商品を徹底解説!

2022/02/10

こんにちは!エコの大臣です。

どのメーカーのエコキュートも1~2年に1度はモデルチェンジして、新しい機能の搭載された商品が追加されたり価格が改定されたりします。

今回はダイキンエコキュートの最新モデルのエコキュートの特徴や気になる価格についての情報をお伝えしていきます!

 

この記事でわかること

・ダイキンエコキュートの価格

・ダイキンエコキュートの評判

・ダイキンエコキュートのおススメ商品

 

こんな人におススメの記事です

・エコキュートの購入を検討している

・ダイキンのエコキュートの評判を知りたい

・ダイキンエコキュートのおススメ商品を知りたい

 

ダイキンエコキュートのおススメ商品

ダイキン製のエコキュートは2021年12月より新モデルが登場しております!

その中から、特に売れ筋の人気商品をピックアップしてご紹介いたします!

 

EQ46WFV・EQ37WFV

現在販売されているダイキンエコキュートで最も人気があるのがこちらのシリーズのエコキュートです。

ダイキンからは角型のフルオートタイプのエコキュートは3種類製造されていますが、その中では中間のグレードの商品です。

シャワーの水圧の強い「パワフル高圧」タイプのエコキュートで、2階のお風呂にも問題なく給湯が可能ですし、2か所以上で同時にお湯を使っても平気な水圧になっています。

最近主流になってきている、太陽光発電との連携機能や、専用のスマホアプリを利用した遠隔操作にも対応しています。

ダイキンエコキュートは多くのメーカーの入浴剤の品質試験も行なっているので、推奨入浴剤の種類が多いのも特徴です。(他のメーカーのエコキュートも品質試験を行なっていないだけで、入浴剤自体の使用は可能です。)

ダイキンのエコキュートをお買い求めの際は、一番に検討して頂きたい商品になります。

 

EQ46WFVの商品ページはこちら⇒ダイキンエコキュート(EQ46WFV)の工事費込みセット激安特別価格!|エコの王様

EQ37WFVの商品ページはこちら⇒ダイキンエコキュート(EQ37WFV)の工事費込みセット激安特別価格!|エコの王様

 

EQ46WFTV

ダイキンは460Lの薄型タイプのエコキュートも製造しています。「薄型・高圧・460L」の条件を満たすエコキュートとなると、ダイキン・パナソニック・コロナの3メーカーに絞られます。

その中で、価格的に最もお求めやすいのがこちらのエコキュートになります。

隣家との敷地が狭くて薄型しか設置出来ないというご家庭は結構多いです。

「薄型しか置けないけど、家族の人数が多いのでタンクは大きめの物を設置したい…。」という要望にもしっかり応えてくれます。

もちろん、高圧タイプなので冬場でも勢いの強いシャワーを安心してご利用頂けます。

 

EQ46WFTVの商品ページはこちらから⇒ダイキンエコキュート(EQ46WFTV)の工事費込みセット激安特別価格!|エコの王様

 

EQ46WSV・EQ37WSV

お風呂のお湯張りが自動で出来るオートタイプのエコキュート。今の主流はお湯張りした後の保温や追い炊きが自動でできるフルオートタイプですが、お家の設計上、フルオートタイプへの変更が出来ないというご家庭様もございます。

今ではオートタイプのエコキュートを製造していないメーカーも多いです。そんな中でも、高圧のオートタイプエコキュートとなるとかなり貴重な存在なので、エコの王様としても積極的におススメしています。製造台数が少ないのがネックですかね…。

EQ46WSVの商品ページはこちら⇒ダイキンエコキュート(EQ46WSV)の工事費込みセット激安特別価格!|エコの王様

EQ37WSVの商品ページはこちら⇒ダイキンエコキュート(EQ37WSV)の工事費込みセット激安特別価格!|エコの王様

 

ダイキンは空調設備のトップメーカー

ダイキンは日本で初めてエアコンを開発したと言われており、空調機器に関しては世界的にも有名なメーカーです。

エコキュートにもエアコンや冷蔵庫に使われているのと同じヒートポンプ技術が使われています。ダイキンはヒートポンプ技術の開発にもいち早く取り組んでおり、品質や開発力は高く評価されています。

 

ダイキンエコキュートの機能

 

最新のダイキンエコキュートに搭載されている機能について詳しく見ていきましょう。

 

ウルトラファインバブル入浴

専用のウルトラファインバブルアダプターを取り付けることで、浴槽内に0.001mm未満の微細な泡を発生させることが出来るようになります。ウルトラファインバブルの含まれたお湯に浸かることで、湯冷めしにくくなったり、お肌にうるおいを与える美肌効果が得られます。

フルオートタイプのエコキュートであれば、商品のグレードに関わらず設置することが出来るので、他メーカーのエコキュートよりも費用を抑えて泡入浴の機能を楽しむことが出来ます。

 

温浴タイム

リモコンで4種類の温度設定から1つを選択し、お湯の温度を一定に保ってくれます。浴槽のお湯を循環させるので、時間が経って配管の中で冷めてしまったお湯が混ざることもないので、快適に使用することが出来ます。

 

昼間シフト機能

太陽光発電を設置してから10年が経ち、FIT制度が終了して買取価格が下がってしまったご家庭様も増えてきています。今までのエコキュートは深夜電力を利用して夜間にすべてのお湯を沸きあげるのが一般的でしたが、最新のエコキュートは、夜間の沸き上げをセーブして、昼間に太陽光発電の余剰電力を活用してお湯を沸きあげるように設定することが出来るようになっています。

卒FIT後の余剰電力の活用方法としてエコキュートを利用したい方には嬉しい機能になっています。

 

スマホアプリとの連携機能

新モデルからリモコンに無線LANが内蔵されました。専用のスマホアプリを利用することで、外出先などからお湯張りや追い炊き、急な外出が必要になった場合のお湯の沸き上げ休止設定などが出来ます。

 

ダイキンエコキュートの価格

魅力的な新機能が多数搭載されているダイキンエコキュートですが、やはり気になるのが価格ですよね。

本体価格の相場をドンと公開しちゃいます!

 メーカー希望小売価格相場価格
フルオートタイプ(角型)82~99万円

24~28万円

フルオートタイプ(薄型)95~109万円29~33万円
オートタイプ77~86万円21~27万円
給湯専用73~84万円20~25万円

※独自に集計したデータになります。この金額での購入を保証するものではありません。

 

ダイキンエコキュートは価格帯としては中間クラスのメーカーになります。価格面では、三菱や日立などのメーカーの方が安く購入出来る可能性が高いです。

また、それ以上にダイキンは販売店によって仕入れ価格の差が大きいので、探せば非常に安い金額で工事してくれるところも見つかるかもしれません。

特に新モデルに関しては、半導体不足の影響もあって供給が不安定なため、価格もいまだ落ち着いていない状況にあります。(2022年2月現在、発注してから納品までに1か月以上かかります。)

今使っているエコキュートが故障して急ぎ交換が必要という場合でなければ、今は少し様子見というのも選択肢の1つとしてありかもしれません。

エコキュートの設置には専用の取付工事が必要になります。本体の購入費用と別に15~20万円程度の工事費用が必要になりますので、購入の際は工事代金も含めた見積もりを取って判断するようにしましょう。

 

ダイキンエコキュートがおススメの人

「ダイキンのエコキュートがぴったり!」という方にあてはまる特徴をいくつかご紹介します。

安価に泡入浴の機能を楽しみたい

ダイキンのエコキュートはフルオートタイプのどの機種にもオプションでウルトラファインバブル入浴の機能を付けることが出来ます。

他のメーカーのエコキュートにも泡入浴の機能が付いている物もありますが、一番高いグレードの商品の付加機能になりますので、導入費用が高額になりがちです。

他の機能はともかく泡入浴の機能を楽しみたいという方にはダイキンエコキュートが一番おススメです。

 

ダイキンエアコンがお気に入り

ダイキンエアコンは国内だけにとどまらず、世界でもナンバーワンのシェアを誇っています。エコキュートのヒートポンプにもエアコンと同じ技術が使われていますので、ダイキンのエアコンを使っていて気に入っておられる方はエコキュートもダイキンにしするという方も多いですね。

 

いろんな種類の入浴剤を楽しみたい

ダイキンエコキュートは他のメーカーのエコキュートよりも対応している入浴剤の種類が多いです。特に他メーカーでは推奨されていないにごり湯の成分の含まれている入浴剤も使用できるというのがポイントです。

入浴剤を使うのが楽しみだという方はダイキンのエコキュートを検討してみてはいかがでしょうか。

※すべての入浴剤の使用が認められているわけではありません。

 

ダイキンエコキュートの口コミ

 

過去にエコの王様でダイキンエコキュートを購入されたお客様からの反応をいくつかご紹介します。

 

ダイキンの対応に助けられました

10年ほど前にエコキュートを設置しました。購入した会社はすぐになくなってしまったので、トラブルの度にダイキンに連絡して来てもらっていたのですが、連絡してからすぐに対応してくれるので助かりました。違うメーカーサポートと比較しても良い対応をしてくれたので、今回の買い替えもダイキンで検討していました。

給湯器が故障するとお湯が使えなくて大変な目に合いますが、ダイキンなら安心して使えますね。

 

海が近くても安心

建売の家を購入して3年ほど生活してみたのですが、毎月の光熱費が高いのが気になったのでオール電化に切り替えることにしました。調べてみると、我が家は海岸線から1km以内に建っているので、エコキュートは塩害仕様というのが必要な地域だったみたいです。販売担当の人が、塩害仕様ならダイキンが納期も早く一番おススメだということだったので、今回ダイキン製の物を購入しました。設置してからトラブルも特になく、光熱費も安くなったので満足しています。

 

薄型でも大容量で安心

10年以上前に新築でエコキュートを導入しました。敷地が狭かったので薄型エコキュートにしました。最初は370Lのタンクでも十分だったのですが、子供たちが大きくなってきたので使っている途中でお湯が足りなくなることが結構ありました。買い替えるときには1つ大きいものにしたいなと思っていることを担当の人に相談すると、ダイキンのエコキュートを勧めてくれました。お湯が足りなくなることも減り、快適に過ごせています。

 

ダイキンエコキュートのまとめ

今回はダイキンエコキュートに搭載されている機能や、最新の価格相場、口コミなどをご紹介していきました。

エアコンなどの空調設備では根強い人気を誇っているダイキン。

確かな技術に裏付けられたクオリティの商品で着々とファンを増やしていっています。あと、修理や点検などのアフターフォローに関しても評判が良いです。

エコキュートの買い替えの際には、ダイキンエコキュートもぜひ候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

⇓⇓⇓エコキュートに関するお問い合わせは下のバナーをクリック!⇓⇓⇓

Avatar photo
Latest posts by この記事を監修した人: 堀 洋介 (see all)

    電話で
    お見積もり

    メールで
    お見積もり

    LINEで
    お見積もり

    ページのトップへ