• Home
  • 王様のためになる話
  • エコキュートの水は飲める?タンクの中は汚れているの?エコキュートの衛生面に関して
王様のためになる話

エコキュートの水は飲める?タンクの中は汚れているの?エコキュートの衛生面に関して

2019/03/07

こんにちは。エコの大臣です。最近大臣の元にもいろんな質問が舞い込んでくるようになりました。今日はその中から1つピックアップしてお答えしていこうと思います。う~ん。どれが良いかな・・・?

「おいおい大臣さん、エコキュートにすると出てくるお湯が飲めなくなるって聞いたんだけど本当かい?もし飲んだらどうなるんだい?」という質問を頂いていたので、今日はこれにしましょう!

果たして、エコキュートのお湯は本当に飲めないのか?その疑問に今日はお答えしていきます!

エコキュートの水やお湯は飲める?飲めない?

エコキュートでお湯が使えるのは便利で経済的ですが、導入を検討している方が懸念する一つの理由としてその衛生面です。

一般的に貯水式というと一度タンクに貯めた水がなんだか不衛生に感じてしまうことが多いですよね。小さいお子様がいらっしゃるご家庭はこういうところはやっぱり気になりますよね!?

 

基本的にはそのまま飲むのには適していない

 

エコキュートは多くの大手メーカーから発売されていますが、ほとんどのメーカーの取扱説明書には「エコキュートのお湯はそのまま飲用するのには適していない」と明記されています。タンク内のお湯は空気に触れることもなく、高温に沸き上げられていますので、ほとんど滅菌状態にはなります。ただ、長期のご利用で水道水の中に含まれる不純物が、エコキュートの貯湯タンク内に付着・沈殿している可能性があります。

なぜそのまま飲むといけないのか

貯水を行うことで貯水タンク内に菌が繁殖し飲むことが出来ないと感じますが、お湯そのものに危険性はそれほどありません。そうなるとマンションなどの貯水タンクも不衛生だということになってしまいますよね?

エコキュートのタンクのお湯は一度沸かすため水道水に含まれるカルキなどの消毒が抜けてしまいます。このため、国の水質基準を満たせなる可能性があるということです。そのままでは飲料水として適合せず、法的な基準にそぐわないので、飲用に適していないとしているんですね。ちなみに、日本の水道法では蛇口から出てくる水道水に基準以上の塩素が残っていることが義務付けられています。

このため、毎日のようにタンク内のお湯をほとんど使い切るような場合には、ほとんど問題なく飲むことができます。ただ、実際に飲むかどうかは自己責任ということになります。

エコキュートの水はそのまま飲める

ここまでのお話はお湯を飲むに当たってのお話になります。

エコキュートのお湯が飲めるかどうか、どうしても不安な人は飲用水を「水道水」にすると良いでしょう。先ほどもお伝えした通り、日本の水道水は飲用しても問題が無い品質です。

エコキュートはタンク内に貯水した高温の熱湯を水道水と混ぜて適温にしますので、エコキュートの配管と水道水の配管が分かれています。

エコキュートのお湯が使えるキッチンなどは、混合水栓になっていることがほとんどなので、エコキュートのお湯と水道水が手軽に切り替えられるため、水にしてしまえば水道水だけを使うことができます。

各地の水道局からは安全性が確認された水だけが送られてくるので、水道水を沸かして飲むようにすれば、衛生面や安全性の不安はなくなるでしょう。

お湯は煮沸すれば飲料水として認められている

エコキュートのお湯は煮沸してから飲用するようにメーカーは注意を促しています。では、煮沸をすれば赤ちゃんにも与えられるほど安全なのでしょうか。

例えば、家にある電気ケトルや電気ポットでも数ヶ月して中を見てみると、内側にちょっとした汚れがついていることがあるかと思います。これは水に含まれているカルシウムやマグネシウムが酸化したもの。クエン酸などを使って洗浄しないと汚れがこびりついたままになってしまいます。

エコキュートは水道水を使ってお湯を沸かすシステムであって、水を浄化する浄水器ではありません。電気ポットやケトルと同じように貯湯タンクの中も定期的に掃除しないと汚れが溜まってきてしまいます。

貯水式ゆえにこのような成分が溜まるリスクは避けられません。煮沸すればエコキュートのお湯が安全に使えると定められていたとしても、使用年数の長いものに関してはエコキュートに限らず衛生面は十分とは限りません。

よく貯水式のタンクは中が錆びていたり湯垢が溜まっていると聞くけど

以前までの貯水式タンクは鋳物で出来ており、錆びが発生していましたが現在のエコキュートはほとんどのものがステンレスですのでタンク内が錆びるという心配はありません。

ただ、長く使用をしているとお湯に茶色い錆のような粉が混ざると言った意見も見かけます。茶色い粉の正体は、エコキュートの手前あるいは後にある給水管や給油管から出る汚れの場合が多いです。もしエコキュート用に井戸水などを使用していると、その水に含まれている物質が溜まることも考えられます。

水質を保つためにも定期的にメンテナンスをしよう

これらのことから定期メンテナンスは非常に大切です。タンク内の汚れや不純物は定期的にエコキュートや配管洗浄を行うことで改善が出来ます。水質を保つことは、エコキュート本体の長持ちにも繋がります。

これらは定期的にエコキュートや配管洗浄を行うことで改善が出来ます。水質を守ることと、エコキュート本体の長持ちにも繋がります。

 

エコキュートのメンテナンス方法に関しての詳しい記事はこちら⇒エコキュートのメンテナンス方法とその重要性 こんな症状があれば水抜きをしましょう

 

エコキュート飲用のまとめ

エコキュートから出るお湯の安全性などについてご紹介していきました。

簡単にまとめますと・・・

・タンクの中で水を沸かすときに塩素が抜けてしまうので、法律上飲用に出来ないと表示されています。毎日タンクのお湯を使い切ってしまうようなご利用状況であれば水質には問題ないことが多いです。

・設置してから年数が経ってくるとタンクの内部に電気ポットと同じように水道水の中の成分が付着・沈殿する場合がございます。気になる方は飲用には供さない方が無難でしょう。

・常温の水の方は問題なく飲めるので、そちらをお料理などにお使い頂くのは問題ありません。

 

個人的にはあんまり水道から出てくるお湯を飲む機会ってないと思うんですけどね・・・。「お風呂に入ってるときに誤って多少飲んでしまった」というぐらいでは問題ないのでご安心ください!

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

王様のためになる話

最新の記事

  • エコキュートを使い始めた方必見!最初にやっておくべきこと

    こんにちは!エコの大臣です!今日はエコキュートの使い方に関する説明をしたいと思います。エコキュートを出張や長期の旅行などでしばらくエコキュートを使わない場合には、タンクの中からお湯をすべて抜いておくこ……

    2021/04/20

  • 370Lのエコキュートはどんな環境で選ぶべき?そのメリットや選ぶ理由について

    こんにちは!エコの大臣です!エコキュートを選ぶときにまず決めないといけないのがタンクの容量です。家族の人数に合わせて様々な容量のエコキュートが販売されていますが、種類も様々なのでどれを選ぶか悩んでしま……

    2021/04/19

  • 4人家族必見!絶対に失敗しないエコキュートの選びかた

    こんにちは!エコの大臣です!エコキュートをご購入される方は、やっぱり1人、2人暮らしでお住まいの方には少なくて、3人以上で一緒にお住まいの世帯が多いです。3人以下とか逆に5人以上の世帯になりますと、タ……

    2021/04/18

  • 奈良交通さんにも広告を掲載させて頂きました

    エコの王様の倉庫は奈良にございます。奈良交通様のバスにエコの王様の広告を掲載させて頂きました!  奈良では観光の方はもちろん、通勤通学にもバスはよく使われているということで、親しみ……

    2021/04/08

  • エコの王様も遂に公共交通機関に広告が…!

    4月2日より、大阪メトロ御堂筋線の車両にエコの王様のつり革広告が掲載されております!たくさん走っている御堂筋線の1車両だけなので、なかなか目にすることが出来ないので、見かけられた方は逆にラッキー?かも……

    2021/04/08

  • エコの王様の看板が出来ました!

    こんにちは!エコの大臣です!JR王寺駅の駅前と、エコの王様の奈良倉庫までの道沿いに、いくつかの看板を立てさせて頂くことになりました!駅前には3枚の看板が並んでいます! 4コマ漫画は看板ごとに……

    2021/04/08

  • エコキュートとプロパンガス併用は得するの?両方を徹底比較

    こんにちは!エコの大臣です!「冬のガス代が高い!」とお悩みの方も多いと思います。冬場はお湯を使う機会も増えるので、ガス代は普段よりも高くなりがちですよね。特に都市ガスと比べてプロパンガスは使用量が高い……

    2021/04/13

  • エコキュートの評判は良いって本当?各メーカーの評判・口コミを公開

    こんにちは!エコの大臣です!今回は最もポピュラーな省エネ給湯器「エコキュート」の評判が良い理由や、各メーカーごとのエコキュートを設置した後の評判などを詳しくお伝えしていきたいと思います!最後までお付き……

    2021/04/11

納得できるまでご相談ください!お見積もりはこちら

電話で
お見積もり

メールで
お見積もり

LINEで
お見積もり

ページのトップへ