「エコの王様」大人気CM放映中!!

王様のためになる話

太陽光パネルの寿命は何年?耐用年数との違いや劣化させないためのテクニック

2022/12/01

「太陽光パネルの寿命は何年ですか?」、「パワーコンディショナーの寿命は何年ですか?」、「太陽光パネルやパワーコンディショナーの寿命を伸ばす方法は何かありますか?」など、太陽光パネルやパワーコンディショナーの寿命に関する問い合わせが増えています。

太陽光パネルは、設置すると20年~25年は発電し続ける製品です。

もちろん太陽光パネルだけなくパワーコンディショナーにも寿命があります。

太陽光パネルやパワーコンディショナーは、点検やメンテナンスすることによって寿命を伸ばせる可能性があります。

そこで今回は、太陽光パネルとパワーコンディショナーの寿命と寿命を伸ばすための方法について詳しくお話しします!

 

太陽光パネルの寿命は何年くらい?

一般的な太陽光パネルの寿命は、20年~25年と言われています。

寿命の長い太陽光パネルであれば30年近く持つ製品もあり、メンテナンスや点検を定期的にしていればさらに長く使えるようになる可能性もあります。

「寿命。」と聞くと完全に壊れて使えなくなると思っている人も多いです。

太陽光パネルの寿命は、経年劣化によって発電能力が低下を指します。

太陽光パネルに使われているシリコンと呼ばれる素材は、設置してから少しずつ経年劣化によって発電効率が下がります。

ですが、発電効率が悪くなったといえ通常に稼働していることが多いため、寿命と判断されることは少ないのが現状です。

太陽光パネルの寿命は、「何を持って寿命とするのか。」ということが定義されていないため、実際には何年が寿命なのかを示すことが難しいです。

 

太陽光パネルの寿命と法定耐用年数の違いは?

太陽光パネルの寿命には、「寿命」と「法定耐用年数」の2種類があります。

寿命と耐用年数の違いについて詳しく説明します。

 

寿命

寿命とは、工場から出荷されて自宅に設置されて故障して使えなくなるまでの期間を指します。

一般的には、太陽光パネルの寿命は20年~25年程度言われています。

ですが、太陽光パネルが普及し始めてから20年も経っていないので、各太陽光パネルメーカーも寿命に関するデータが集まっていないのが現状です。

2022(令和4)年11月現在設置されている太陽光パネルの中には、設置してから30年以上が経過しても故障することなく稼働している製品もあるため20年~25年が寿命であるとは判断できないのが現状です。

ですが、各太陽光パネルメーカーが太陽光パネルに付けている保証年数が20年~25年が多いため、寿命は保証年数と同じと考えられています。

 

法定耐用年数

太陽光パネルで法定耐用年数という言葉が使われるのは、産業太陽光発電システムの太陽光パネルで

そもそも法定耐用年数とは、減価償却するために税法上で決められている年数を指します。

太陽光パネルだけでなく各種設備や建物は、設置してから年数が経てば資産としての価値が下がります。

年数の経過によって価値が下がる資産を「減価償却資産」といい、資産を取得する際の一定期間を経費として計上します。

国税庁の資料を見てみると、太陽光発電システムの法定耐用年数は17年です。

この数字だけを見ると、「法律で太陽光パネルの寿命は17年と決められている。」と思っている人はずです。これはあくまでも減価償却ができる期間であって太陽光パネルの寿命を示す数字ではありません。

法定耐用年数を超えても稼働している太陽光パネルばかりなので安心してください。

参考資料:国税庁HP

 

パワーコンディショナーの寿命は?

太陽光発電システムのパワーコンディショナーは、太陽光パネルの次に重要な製品です。

私たちが普段使っている電気は直流電流に対して、太陽光パネルで発電された電気は直流電流です。

太陽光パネルで発電された電気が直流電流のため、直接各電化製品に使えません。

そこでパワーコンディショナーが発電された直流電流を各電化製品に使えるように交流電流に変換します。

また、自家消費をして余った電気を売電する時にパワーコンディショナー側の電圧が電線側よりも低い場合は電気が流れません。

その時は、パワーコンディショナー側の電圧を上げる逆潮流を起こす役割も担っています。

太陽光パネルよりも稼働している部品が多いため寿命は短いです。

パワーコンディショナーの寿命は、設置場所などによって多少の違いはありますが10年~15年と言われています。

パワーコンディショナーに関する詳しい記事はこちら⇒太陽光発電の仕組みってどんなの?発電方法や必要な機器・売電方法までを公開!

 

太陽光パネルの寿命に関わる問題

太陽光パネルは、外に設置されているためさまざまな理由で寿命を縮めてしまう可能性があります。

太陽光パネルの寿命を縮めてしまう理由は、全部で6つあるので詳しくお話しします。

 

枯れ葉

枯れ葉が風で太陽光パネルに付着としたからといって寿命を縮めてしまう可能性は低いです。

枯れ葉が太陽光パネルに付着して起きることは、発電効率の低下です。

枯れ葉が降り積もるとその部分が影になって発電効率が低下します。

ですが、枯れ葉も乾燥すると固くなるため太陽光パネル表面のガラスに傷が入りその部分から水などが入り込んで太陽光パネルの寿命を縮めてしまう可能性があります。

 

鳥の糞

鳥の糞も枯れ葉と同じで付着した部分が影になって発電効率が落ちます。

鳥の糞は、発電効率を落とすだけなく太陽光パネルの寿命を縮めてしまう可能性もあります。

特に鳩の糞に含まれている成分が太陽光パネルの塗装や架台を溶かしてしまうため、太陽光パネルの寿命を早めてしまう可能性があります。

鳥の糞は、太陽光パネルの洗浄することによって落ちますが、洗浄後に跡が残っている場合は太陽光パネルの強化ガラスに侵食している可能性もあります。

また、太陽光パネルは鳥たちが雨風を凌ぐに最適な場所であることから、巣を作って住み着くという事例も報告されている。

住み着いてしまうと鳥の数が増えて糞も増えます。

鳥の糞は太陽光パネルだけでなく衛生的にも良くないとされているため、糞害対策をしてから太陽光パネルを設置したほうが良いでしょう。

 

黄砂

黄砂とは、中国内部のタクラマカン砂漠・ゴビ砂漠・黄土高原にある砂が風で上空数千メートル巻き上げられて、偏西風によって日本にやってくる現象を指します。

黄砂も枯れ葉や鳥の糞と同じで太陽光パネル一面に付着するとパネル表面が黄色に変色して発電効率が落ちます。

また、黄砂には有害な物質が含まれていることも多いため、太陽光パネルの強化ガラスを溶かしてしまい寿命を縮めてしまう可能性はあります。

ですが、基本的に太陽光パネルに付着した黄砂は、雨で洗い流されることほとんどなのでそこまで気にする必要はないでしょう。

 

経年劣化

経年劣化は、太陽光パネルの寿命を縮めてしまう一番の理由です。

太陽光パネルを構成しているセル(一辺が10cm四方)は、シリコンと呼ばれる素材で作られています。

シリコンは、設置してから1年ずつ経年劣化によって発電効率が落ちるという特性を持っています。

太陽光パネルの経年劣化による発電効率の低下は、メーカーや太陽光パネルの種類によって多少の違いはありますが、約0.7%と言われています。

設置してから5年で約3.5%・10年で約7%になります。

太陽光パネルが設置され始めた2009(平成21)年と比べると2022(令和4)年11月現在の太陽光パネルは発電効率が落ちたとしてしっかり発電してくれます。

経年劣化の数字はあくまでも平均的な数字であって、メーカーや太陽光パネルの素材によって変わりますので、必ずしもこの数字通りになるとは限りません。

 

層間剥離

屋外に設置されている太陽光パネルですが、太陽光パネルに一番付いてはいけないものが水分です。

水分が付着してはいけない理由は、太陽光パネルを支えている架台やフレームが酸化・腐食して太陽光電池そのものを劣化させる可能性があります。

太陽光パネルは水分が入らないように設計されていますが、水よりも粒子が小さい湿気などは太陽光パネルに入り込みやすいです。

太陽光パネルに長時間に渡って水分が付くと太陽光パネルのガラス面と太陽電池を構成するセルの周りにある合成樹脂が剥がれます。

剥がれた場所から空気が入ることで電気抵抗が発生して出力低下に繋がります。これを層間剝離と言います。

これから太陽光パネルの設置を検討している人たちは、自宅の周りに太陽光パネルの設置している家があれば屋根を見るだけに層間剝離が起きやすい地域かどうかが分かります。

太陽光パネルを見ると稀に白くなっている部分があります。

白くなっている部分は、汚れではなく層間剝離が起きている部分なので、発電量が低下しています。

層間剝離は、家庭用・産業用にも起きる可能性がある現象です。

 

台風による破損

近年、台風が巨大化したことによって太陽光パネルの損傷や故障が増えています。

「台風は未然に防げないじゃないか!」と思っている人がほとんどです。

2022(令和4)年現在設置されているどの太陽光パネルも耐風試験を受けて合格した製品ばかりです。

ですが、台風の規模によっては耐風試験以上の風が吹く場合があります。

台風による太陽光パネルの代表的な事例が、「強風で太陽光パネルが飛んで行ってしまった。」・「強風で太陽光パネルを支える架台が歪んでしまった。」などがあります。

この他にも、台風の強風で飛来した小石などが太陽光パネルを傷つけてしまい、発電量が落ちてしまったり、太陽光パネルが割れてしまったりすることもあります。

そういった自然災害で太陽光パネルが故障した時の保証として太陽光パネルメーカーによっては、自然災害補償を出しているところもあります。

万が一に備えて自然災害補償に加入しておくか太陽光パネルを設置したときに自宅の火災保険に太陽光パネルを追加で保証してくれるようにしておくようにしましょう。

太陽光パネルの保証に関する詳しい記事はこちら⇒太陽光発電の維持費は?メンテナンスや寿命について解説!

 

ホットスポットの出現

ホットスポットとは、「太陽光パネルが局所的に発熱して高温になる不具合。」を指します。

太陽光パネルが発電している時の温度は約30℃~約50℃、真夏の気温が30℃を超える場合で、約70℃~約80℃になります。

エコの王様で人気がある長州産業の太陽光パネルの動作温度は、40℃~85℃になっているため太陽光パネルの表面温度が80℃になったとしても稼働します。

太陽光パネルの表面温度が80℃と聞くだけでも高いと感じるかもしれませんが、ホットスポットが出現すると表面温度は100℃を超えます。

ホットスポットが出現する主な理由は、太陽光パネル内部で起きる場合と外部要因の2種類があります。

どちらかというと鳥の糞や落ち葉などの外部要因でホットスポットはできやすいです。

その理由は、発電量が低下するためです。

鳥の糞や落ち葉などは基本的には、雨で洗い流されるのですが場合によっては残ってしまって太陽光パネルの汚れになります。

太陽光パネルに汚れが残るとその部分が影になって発電量が落ちます。

発電量が落ちると太陽光パネルを構成するセル内の電気抵抗が大きくなってホットスポットが発生します。

太陽光パネルを定期的メンテナンスにしておけばホットスポットが起きる可能性は低くなります。

長州産業の太陽光パネルに関する詳しい記事はこちら⇒【2022年】太陽光パネルのメーカーについて!おすすめできるメーカーを公開

 

パワーコンディショナーの寿命に関わる問題

パワーコンディショナーがなければ太陽光パネルは発電しませんし、売電したり発電された電気を各電化製品で使えません。

パワーコンディショナーは、稼働している部品が多いため太陽光パネルと比べて寿命は短く、設置場所などのよって多少の違いはありますが、10年~15年と言われています。

パワーコンディショナーの寿命を縮めてしまう理由は全部で3つあるので説明します。

 

経年劣化

パワーコンディショナーもテレビや冷蔵庫と同じで電化製品なので、設置してから1年ずつ経年劣化します。

経年劣化が進むと発電しなくなったり、発電量が著しく落ちたりします。

発電量が落ちると思っていた電気代が高くなってしまったり売電収入が減ったりします。

そのため、パワーコンディショナーを設置してから10年以上している場合は、早めに交換することをおすすめします。

 

目詰まり

私たちが普段使っている電気は交流電流なのに対して、太陽光パネルで発電された電気は直流電流です。

太陽光パネルで発電された電気をそのまま各電化製品で使えないので、パワーコンディショナーが直流電流を交流電流に変換します。

電気を変換する時にパワーコンディショナーは熱を発生させます。

ですが、パワーコンディショナーは熱に弱いという特性を持っているため、発生した熱を逃がす必要があります。

熱に逃がすためにパワーコンディショナーには、換気フィルターが付いています。

換気フィルターに埃やゴミなどが付いて目詰まりを起こすと熱を逃がせないため、パワーコンディショナーが熱を持って寿命が早める可能性があります。

換気フィルターは簡単に掃除できるので目詰まりが目立ってきたら清掃することをおすすめします。

パワーコンディショナーに関する詳しい記事はこちら⇒太陽光発電の仕組みってどんなの?発電方法や必要な機器・売電方法までを公開!

 

雨水の浸入

パワーコンディショナーは精密機械が多く搭載されていますので、雨水などが入ることによって寿命が縮めてしまう可能性があります。

雨水が入ることによって塔載されている精密機械がショートしてしまう可能性があります。

また、雨水が入ることによって機械が錆びてしまって寿命を縮める可能性もあります。

2022(令和4)現在販売されているパワーコンディショナーは、屋外用と屋内用の2種類があるため雨水の侵入を防ぎたい人は、屋内設置ができるパワーコンディショナーをおすすめします。

ですが、屋内設置用のパワーコンディショナーも湿気に弱かったり屋外設置用と比べるホコリやゴミが貯まりやすかったりするため、自分たちの家にとってどちらが良いかを考える必要があります。

 

太陽光パネルの寿命をのばし劣化を防ぐためには

太陽光パネルを寿命を伸ばすことは可能です。

太陽光パネルの寿命を伸ばす方法は全部で5つあるので説明します。

 

定期メンテナンスをする

太陽光パネルは、定期的にメンテナンスすることによって寿命を伸ばせます。

太陽光パネルのメンテナンスは主にパネル洗浄を指します。

汚れなどで発電効率や発電量が落ちた場合でも、太陽光パネルを洗浄することによって発電量や発電効率を回復させられます。

また、定期メンテナンスすることよって太陽光パネルの不具合に早く気付けるため寿命を伸ばせます。

基本的に太陽光パネルの洗浄は自分ですると、怪我をしたり逆に発電効率や発電量が落とす原因にもなりますので専門業者に任せるのが一番です。

太陽光パネルのメンテナンスに関する詳しい記事はこちら⇒太陽光発電の維持費は?メンテナンスや寿命について解説!

 

保証を使う

各メーカーが出している太陽光パネルの保証年数は25年と長いです。

保証期間内であれば、無償で太陽光パネルを交換してくれます。

そのため、太陽光パネルの発電量が著しく落ちたり、太陽光パネルが故障した場合は、施工店に連絡して対策を考えると良いでしょう。

また、太陽光パネルメーカーのなかには、地震・台風・積雪などで太陽光パネルが故障や破損した場合に補償してくれる自然災害補償を出しているところもあります。

自然災害補償がないメーカーの太陽光パネルでも自宅の火災保険を使えば交換費用を抑えられます。

※太陽光パネルの交換は、各メーカーの基準があります。

 

信頼できる業者に施行してもらう

太陽光パネルは、設置してしまえば取り外さない製品です。

そのため、施工は実績があって信頼できる業者に依頼するのが1番です。

信頼できる業者かどうかを見極めるための方法は2つあるので紹介します。

 

相見積もりを取る

太陽光パネルを設置するときは、2社以上から相見積りを取るのが一般的です。

相見積もりをとることによって適切な価格で提示されているかや、保証内容なども比較できます。

相場より高い価格で提示されている業者は、怪しい業者の可能性もあります。

ですが、相場より高い業者は工事保証や定期メンテナンスが最初から付いている可能性もあるため、設置費用が高いからといって怪しい業者であると決めつけないほうが良いでしょう。

工事保証や定期メンテナンスが付いていて設置費用が安いところが信頼できる業者と言えます。

※工事保証とは、本体以外の配線などの工事に使った部材に関する保証を指します。

太陽光パネルの設置費用に関する詳しい記事はこちら⇒太陽光発電の設置費用はいくら?相場感や補助金について解説!

 

施工実績を確認する

太陽光パネルを販売している販売店のホームページなどを見てみると、施工実績を確認するところがあります。

施工実績が多い業者は、さまざまな屋根の形状・屋根材の自宅に太陽光パネルを設置しているため施工経験は豊富です。

また、施工実績が多い販売業者は評判が良いこともあるため契約件数が多いです。

自分たちの家にはどのような設置方法なども分かるので、施工実績が多い販売業者から購入するほうがいいです。

太陽光発電の設置・工事実績はこちら⇒エコの王様ホームページ

 

定期的に発電量をチェックする

太陽光パネルで発電された電気の発電量を定期的にチェックすることによって、太陽光パネルの不具合などに早く気付けます。

太陽光パネルの不具合に早く気付ければ販売店と連携して太陽光パネルの交換をしたり販売業者が現場に来て配線の修理やパワーコンディショナーの状態などを確認してくれます。

発電量は、自宅に備え付けている表示モニターやHEMSがあればパソコンやスマートフォン・タブレットなど自宅の外からも発電量をチェックできます。

少なくとも1ヵ月~2ヵ月に1度は発電量をチェックすると良いでしょう。

HEMSに関する詳しい記事はこちら⇒V2HとHEMSって何?関連性や特徴についてを解説

 

パワーコンディショナーの掃除

パワーコンディショナーは、太陽光パネルで発電された直流電流を私たちが普段使っている交流電流に変換します。

電気を変換する時に熱が発生します。

パワーコンディショナーは、熱に弱いという特性があるため換気フィルターが付いています。

換気フィルターにホコリやゴミが溜まっていると熱が籠ってしまい寿命を早める可能性があります。

換気フィルターは、取り外しができるので小まめにホコリやゴミを取るようにすれば寿命を伸ばせる可能性があります。

 

太陽光パネルの寿命のまとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

今回の話をまとめると、

太陽光パネルの寿命は、20年~25年程度!

太陽光パネルの寿命には、「寿命」と「法定耐用年数」の2種類がある!

パワーコンディショナーの寿命は、10年~15年程度!

太陽光パネルの寿命を縮めてしまう理由は全部で7つある!

パワーコンディショナーの寿命を縮めてしまう理由は全部で3つある!

太陽光パネルの寿命を伸ばす方法は全部で3つある!

太陽光パネルは、設置してから20年~25年は発電し続ける製品です。

屋根に設置しているところが高い所に多いことが多いため自分の目で太陽光パネルの状態を確かめるのは難しい状態です。

メンテナンスや点検を怠ると思っている以上に寿命を早めてしまう可能性があります。

そのため、メンテナンスや点検を定期的に行い少しでも長く太陽光パネルを使えるようにしておくと良いでしょう。

エコの王様では、太陽光パネルの点検を無償で2年1度させて頂いております。

少しでも太陽光パネルを長く使いたいと思っている人は、是非1度エコの王様にお問い合わせください!

⇓⇓⇓太陽光発電に関するお問い合わせは下のバナーをクリック!⇓⇓⇓

 

Avatar photo
Latest posts by この記事を監修した人: 中園 康之 (see all)

    電話で
    お見積もり

    メールで
    お見積もり

    LINEで
    お見積もり

    ページのトップへ